鶴見区版 掲載号:2013年5月16日号
  • googleplus
  • LINE

中高生が看護を体験 東部病院で27人が実習

社会

実際を想定し、技術を体験した
実際を想定し、技術を体験した
 済生会横浜市東部病院=下末吉=で5月11日、中高生が看護を体験する企画「看護フェスティバル」が開かれた。

 看護フェスは、5月12日の看護の日にちなみ、同院が企画。中高生を対象に毎年行われている。

 当日は、区内の中学高校からの9人を含む27人が参加。看護師になる方法や仕事内容についての講座があったほか、実際に院内で使用されている医療器具を使った技術を体験した。

 体験は、除細動器を使用した心臓マッサージや、車イスでの移動などがあり、今回初めて妊婦体験も実施。市場中と末吉中から参加したという3年生の女子生徒2人は、「心臓マッサージが思ったより力が必要でびっくりした」「同じ看護師でも色々な科の仕事があることがわかった」と感想を話し、「ますます看護師になりたくなった」と目を輝かせていた。

 指導にあたった同院の早川みつほ副看護部長は、「将来、この中から一人でも私たちの仲間になってくれたら嬉しい」と話していた。

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

ママを支え80年

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで取り組んでいます

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク