鶴見区版 掲載号:2013年5月16日号
  • googleplus
  • LINE

かとう正法(まさのり):県会議員私見

 多数の自論や私見・提言から要点抜粋、簡単に表現。【かとまさ】や名前検索で、ネット情報、私の定期配布チラシ最新号も、ぜひご覧ください!かとまさ提言をお広め頂けたら嬉しいです。

●景気・雇用へ重点策を!

 私は平成3年以降、金融、証券など、ミクロとマクロの経済に関する仕事を長年経験。経済政策の具体自論は度々発信済みです。最近の円安や株高で、今の目先、表向きは好景気と思われがちですが、注視点・重要点は多く、幾つか私見を紹介。【1】株高の主な背景は、日銀の資金供給過多で、市場のダブつき資金が株に向かう点や、実体経済よりも期待度だけが先行し、投資や短期投機が増加した点、など。【2】最近の世論調査で、好況を実感する人が2割、と少なく、実感しない人は8割。

【3】多くの大企業は、雇用や人件費を減らし、内部留保に専念してきた点。【4】大企業中心に給与・賞与の改善はあるが、雇用数増はまだ見込み薄。【5】社会人の多くは中小企業の経営者や社員で、こちらの利益や収入が増えないと実感は出ない点。【6】使える所得増よりも円安での物価上昇だけが先行するリスク、等々。大企業だけではなく、中小企業や個人事業全般にも、将来不安が減り、好況実感がまんべんなく広まるには、まだまだ多くの高いハードルがありますが、私はこの解決策を重視し県政提言も強化中。来春には消費税の増税予定ですが、好況実感が全般拡大しない今、増税は反対!過去の職業柄、経済動向は常に分析中ですが、駆け込み需要の反動リスクが多大で、経済政策での景気誘導が全く効果を失う可能性大だと、警告を訴え続けます。最近の憲法論議の活発化は、消費税増税の目くらましとさえ思え、やるべき事項の優先順位を、私は論じます。その他書ききれず、多様なテーマを度々発信します!

●かとう正法:県議会便り

 出身地元鶴見区の活動で、県や国への自論を提言中!

ぜひお声かけくださいませ。

かとう正法 【加藤まさのり】 みんなの党 県会議員・支部長

横浜市鶴見区佃野町16-22

TEL:080-6571-1192

http://www.katomasa.jp/

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

ママを支え80年

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで取り組んでいます

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク