鶴見区版 掲載号:2013年5月23日号
  • googleplus
  • LINE

寺尾福まち協議会 地域づくりで表彰へ 住民ニーズ集め課題解決

左から、福まちに参加する今井幸子さん、伊藤さん、松橋さん
左から、福まちに参加する今井幸子さん、伊藤さん、松橋さん
 「寺尾地区福祉のまちづくり推進協議会」(福まち)が、市内地域のまちづくりに貢献した個人や団体などを表彰する「横浜・人・まち・デザイン賞」を5月13日、受賞した。誰でも参加できる話し合いの場などから、地域のニーズを掘り起こし、多くのプロジェクトを実現してきた活動が評価された。

 「横浜・人・まち・デザイン賞」は、横浜市が隔年で実施。優れたまちづくり活動を評価する「地域まちづくり部門」や、都市景観に寄与するまちなみや建築物に贈られる「まちなみ景観部門」の2部門から成る。今年は、2部門合わせて239通(116件)の応募の中から、各部門7件が表彰対象に選ばれた。

 寺尾地区福祉のまちづくり推進協議会(福まち)は、地域まちづくり部門で受賞。地域住民などが主体となって、地域のニーズを細やかに拾い集め、課題解決のため企画・実行してきた実績が評価された。

2003年発足

 寺尾地区は2003年、福祉のまちづくり活動を推進する横浜市のモデル地区に指定され、福まちはその活動主体として結成された。寺尾地区・寺尾第二地区連合会、自治会町内会、地区社会福祉協議会などを中心に組織されている。

 これまでに、子育て中の母親が作る「てらおままっぷ」、地域の課題や魅力を再発見する「まち歩き」、買い物難民の現状を調査する「買い物アンケート」など、さまざまなプロジェクトを実施してきた。

開かれた会議

 活動のモットーは、「やりたい時にやりたい人がやる」。「作業部会」と呼ばれる福まちの会議には、誰でも参加可能。自分のやりたいことを自由に提案でき、参加者の賛同を得ればプロジェクトとして実践できる。「買い物アンケート」も、作業部会の中で「買い物に困っている人がいるのでは」という一言がきっかけになったという。「行政や自治会長から地域の主婦まで、異なる立場の人々が同じ土俵で意見を話せる場があるのは、他の地域ではあまり見られないのでは」と寺尾地域ケアプラザの松橋暁さんは話す。

 受賞について、福まちの伊藤朗さんは、「これまでの活動はあたりまえのこととしてやってきた。これからも地域の人のいろいろなアイデアを形にしていきたい」と意欲を見せていた。

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

ママを支え80年

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで取り組んでいます

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6件

想像超えた鶴見の“熱さ”

征矢区長退任インタビュー

想像超えた鶴見の“熱さ”

3月29日号

鶴見警察にマスコット

医療用ウィッグに「髪」寄付

鶴見小紅谷さん

医療用ウィッグに「髪」寄付

3月22日号

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

地域に根ざし70年

鶴見区医師会

地域に根ざし70年

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク