鶴見区版 掲載号:2013年5月30日号
  • googleplus
  • LINE

店内に祭り写真ズラリ 本町通・「丸星」が撮影

社会

安居幹男さん(右)・卓実さん親子。店内には動画も流れる
安居幹男さん(右)・卓実さん親子。店内には動画も流れる
 鶴見区内はもちろん、近くは川崎、遠くは青森など、全国の祭りを写した写真が、店内にズラリ――。

 撮影しているのは、近隣では珍しい祭礼用品を扱う「丸星」=本町通=の代表・安居幹男さん、卓実さん親子だ。購入者の地元へ出かけ、祭りの写真を撮影。店内に飾っている。壁一面に飾られる写真は、200から300枚ほどだが、「配るものも含めて、1年で1万8千枚くらい印刷している」と卓実さん。店内の掲示は、1年間で新しいものに交換しているという。

サービスの一環

 撮影を始めたのは10年前。幹男さんが潮田神社の祭りを撮ったのがきっかけだという。「担ぎ手は撮れないから、評判がよかった。サービスの一環です」と説明する。

 全国へ出向くのは、「祭り用品を売っている店が少なくなり、全国から利用があるため」。現在は卓実さんが引き継ぎ、毎年6月の潮田神社を皮切りに、9月くらいまで各地を訪れているという。

将来は写真集も

 「祭りは風景写真みたいに撮ることが多いけど、それではつまらない。アップが喜ばれる」と卓実さん。最近ではカメラマンとして依頼されることもあるというが、「特にカメラは好きじゃない」と笑う。

 「オーダーやオリジナル製品が多いので、写真はサンプルも兼ねて。でも、せっかくたくさんあるから、いずれは写真集でも作りたいですね」。もうすぐ祭りの季節。これからも、各地の記憶を写していく。

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

ママを支え80年

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで取り組んでいます

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク