鶴見区版 掲載号:2013年6月20日号
  • googleplus
  • LINE

鶴大生が災害図上訓練 地域減災に努める

地図上に防災施設をマーキングする参加者
地図上に防災施設をマーキングする参加者
 鶴見区災害ボランティアネットワーク(河西英彦代表)は6月12日、鶴見大学の学生を中心としたボランティア推進委員会向けに災害図上(DIG)訓練を行った。参加した同委員会の17人は、鶴見区のマップ上に防災機関などをチェックし、震災に備えた防災・減災意識の向上を図った。

 同委員会は東日本大震災での現地ボランティアで培った経験を鶴見で生かすために発足。震災から2年経った今も定期的に活動を続けている。今回行われたDIG訓練は、地図上で地域防災に関わる施設等にシールやペンで印をつけ、地域の特色を確認するもの。地域の防災力の把握と情報共有を図ることができる。

 同委員会のメンバーは訓練を通して、「駅などの近くには防災施設が多く、震災時は人が殺到して危険な場所になりうる」と、鶴見の危険を予知していた。

 講師を務めた同ネットワークの河西代表は、「東日本大震災以降、ボランティアに励む若者は多い。地域防災・減災のリーダーとなってくれれば」と話した。

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

ママを支え80年

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで取り組んでいます

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク