鶴見区版 掲載号:2013年6月27日号
  • googleplus
  • LINE

東宝タクシーが60周年 従業員ら節目祝う

社会

式典であいさつする大野会長
式典であいさつする大野会長
 東宝タクシー株式会社(大野慶太代表取締役社長)=鶴見中央=が創業60周年を迎え、6月18日と19日、キリンビアビレッジ内のビアポートで記念式典を開いた。式典は業務の関係で2日間にわたり実施。従業員ら計約150人が節目の時を祝った。

 この日を境に会長に就任した大野清一前社長は、「60年、経済の浮き沈みの中でやってこられたのは、従業員の協力があったからこそ、感謝したい」と話した。

 同社は、朝鮮戦争の経済特需でタクシー需要が増えていた1953年、現在の地で創業。車両10台でのスタートだった。

 「父で創業者の大野明が、戦前に栃木県でタクシーの仕事に携わっていたことがきっかけ」。大野会長は振り返る。高度経済成長の時代。京浜工業地帯の企業などを得意先として業績を伸ばした。

時代の変化に対応

 その後、若くして初代社長が亡くなり、2代目となる大野会長が会社を引き継いだのが1966年。区内の日野交通やひばり交通などのタクシー会社とともに共同組合を結成。無線タクシーの運行を開始した。

 「今も昔も一般の人の足として発展してきた」と大野会長。だが、旧態依然とした流しのタクシーだけでは時代の流れについていけないという。少子高齢化が進む中、近年同社は妊婦や子育て中の親子らが利用できる子育てタクシー、車イスのまま乗れるユニバーサルデザインタクシーなどを導入。時代のニーズに応えてきた。

 事業を継承する3代目の大野慶太社長は、「鶴見は企業より住居が増えてきた。地域の交通インフラとして、そうした変化にも対応していかなければならない」と次代を見すえていた。

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

ママを支え80年

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで取り組んでいます

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク