鶴見区版 掲載号:2013年8月29日号
  • googleplus
  • LINE

生麦事件碑顕彰会会長を務める 青木 義雄さん 生麦在住 80歳

伝統を未来へ届けたい

 ○…「先輩のやったことを受け継いでいかなきゃ」生麦事件から151年。今年も生麦事件碑顕彰会会長として、追悼式を執り行った。伝統芸能を守る生麦蛇も蚊も保存会、原西自治会、生麦第二地区社会福祉協議会など、さまざまな組織の会長も務め、率先して地域の催しに取り組んでいる。

 ○…生まれも育ちも生麦。子どもの頃は「ガキ大将だった」といたずらっぽく笑う。父の背中を見て育ち、同業の大手電気工事会社に就職。「現場監督になって父を楽にさせてあげたかった」と語る。仕事の傍らには少年野球チームを結成。自身が監督となってプロ野球選手を輩出するなど、強豪チームへと仕上げた。定年退職後、2003年に同自治会会長、09年には父も重役を務めた同顕彰会の会長に就任した。「誰かがやんなきゃ。昔やんちゃした罪滅ぼしだよ」と朗らかに笑う元ガキ大将は、今や鶴見区最大級の自治会の頼れるリーダーだ。

 ○…趣味は旅行。自分で計画を立てるのが大好きだという。「今年の春は伊豆へ行った。温泉に行って飲むのが最高」。満面の笑みで語るように、大の酒好きでもある。「酒飲んでゆっくり休むのが健康の秘訣」と言い切る御年80歳。ゴルフを年に6回ほど楽しむなど、元気はありあまっている。スコアは「108を切るのが目標」と若々しい。

 ○…「子どもは宝物。みんなが連帯責任で見守らなければ」。次世代を担う子どもへの思いはひとしおだ。小学校に青い作業服で出向くことがあるため「青ちゃん」と呼んでくる子も。地域活動を通じ、世代を超えて親しまれている。「昔からのいいところを子どもたちに伝えたい」。長く地域活動を続けられたのは、子どもの笑顔があったからだ。先人から受け継いだバトンを、しっかりと次世代へつないでいく。「段取りすればみんな手伝ってくれる。ここらの人はみんないい人だから」。生麦の未来を見据え、表情が引き締まった。

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

ママを支え80年

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで取り組んでいます

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6件

黒川 治宣さん

江ヶ崎町内会の会長として地域をまとめる

黒川 治宣さん

3月22日号

籔内 久士さん

県立三ツ池公園の所長として活躍する

籔内 久士さん

3月15日号

寺内 克彦さん

横浜市教育委員会から感謝状を受けた生麦小・三麦会など地域での活動を楽しむ

寺内 克彦さん

3月8日号

荒屋 勝寿さん

聖ヨゼフ学園小学校の校長を務める

荒屋 勝寿さん

3月1日号

松野 良明さん

生麦盛り上げ隊の隊長として、まちゼミを企画する

松野 良明さん

2月22日号

伊藤 充繁さん

矢向地区連合会の交通部長を務める

伊藤 充繁さん

2月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク