鶴見区版 掲載号:2013年9月5日号
  • googleplus
  • LINE

「よこはまミュージカル牧場」の代表として活動する 高城 瑞穂さん 下末吉在住 46歳

趣味が生んだボラ精神

 ○…市内外の福祉施設にボランティアで出張公演を行っている団体「よこはまミュージカル牧場」。間もなく迎える50回目の節目に、「事故もなく、無事に続けられていることが有難い」。メンバーやこれまで関わった人たちへの感謝を口にする。趣味が高じてスタートした団体。「まさか自分がミュージカルを作るとは」。立ち上げから5年。今では見る人の笑顔が何よりの喜びという。

 ○…無類のショー音楽好き。「マニア」と笑う。33回転のレコードを45回転に速めて聴くほど、飽きやすかった性格。それを変えたのがショー音楽だった。「物語があって、初めて聴いたとき、『これだ』と思った」。大学卒業後、ブロードウェイのサウンドトラックなど、集めたCDの各パートを聴き取ってカラオケにする作業を開始。気づけば大量の音楽素材ができていた。それが母の知人で元宝塚歌劇団メンバーの目に留まり、宝塚OGのショーを企画。書き溜めていた脚本やコントを生かそうと、ミュージカル牧場を設立した。

 ○…普段は会社員。楽器や声楽などは全て我流で、自宅には教則本が並ぶ勉強家だ。脚本や楽曲づくり、稽古場の予約等々、仕事以外は団体運営に費やす。「独り身だから、普通のお父さんが子どもと遊ぶ時間を使っているだけ」。多忙さは気にならないが、息抜きは必要と、趣味にしているのは自転車。「正月は鶴見からスタートして静岡の三島まで行った」。年に2、3回の遠出でリフレッシュする。

 ○…鶴見の祖父の家を継いで16年。三ツ池をこよなく愛する。「駒岡の瓢箪山遺跡の話を作りたい。鶴見でやりたいですね」。初めは、自身が経験してきた集大成にしたいという思いが強かったミュージカル牧場。やるたびに喜ばれ、ボランティア精神に火が付いた。最近はオリジナルの要素も増やしている。「分かれ道になると、新しい方に行きたくなる性分」。ショー音楽マニアのチャレンジは続く。

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

ママを支え80年

横浜市鶴見区でママを支えて80年 出産から産後ケアまで取り組んでいます

http://www.asakawa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6件

黒川 治宣さん

江ヶ崎町内会の会長として地域をまとめる

黒川 治宣さん

3月22日号

籔内 久士さん

県立三ツ池公園の所長として活躍する

籔内 久士さん

3月15日号

寺内 克彦さん

横浜市教育委員会から感謝状を受けた生麦小・三麦会など地域での活動を楽しむ

寺内 克彦さん

3月8日号

荒屋 勝寿さん

聖ヨゼフ学園小学校の校長を務める

荒屋 勝寿さん

3月1日号

松野 良明さん

生麦盛り上げ隊の隊長として、まちゼミを企画する

松野 良明さん

2月22日号

伊藤 充繁さん

矢向地区連合会の交通部長を務める

伊藤 充繁さん

2月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

鶴見区版の関連リンク

あっとほーむデスク

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク