鶴見区版 掲載号:2014年2月13日号 エリアトップへ

法政女子生徒がエコ啓発 野毛山動物園で参加企画

社会

掲載号:2014年2月13日号

  • LINE
  • hatena
手作りキャンドルを手にするメンバー
手作りキャンドルを手にするメンバー

 法政大学女子高等学校の生徒が現在、節電を訴えかける「横浜Blue Earth Project」(ブルーアースプロジェクト)の準備を進めている。 ブルーアースプロジェクトは兵庫県の松蔭高等学校が環境問題への取り組みとして発案したもの。同校の呼びかけに応えた法政女子高の3年生と生徒会が、横浜版を毎年実施している。

 今年は2月16日(日)に野毛山動物園=西区=で環境啓発イベントを開催する。メンバーは子ども向けのスタンプラリーを用意。省エネに関する間違い探しを3問、手書きで作成した。間違い探しを通して身近なエコに気づける内容となっている。

手作りキャンドル用意

 参加者には数量限定で手作りキャンドルも用意している。「地球をイメージした」というキャンドルは、女子高校生らしく、デザインにこだわった物が並ぶ。

 メンバー代表の増田祐子さんは「子どもたちに環境の大切さを伝えたい」と意気込んでいる。企画は午前10時から午後4時まで。

参加者にプレゼントするキャンドル
参加者にプレゼントするキャンドル

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

東京2020五輪 横浜市が独自のガイドを公開中

【Web限定記事】

東京2020五輪 横浜市が独自のガイドを公開中 スポーツ

横浜ゆかりの選手や開催協議を網羅

7月29日号

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、拡大傾向続く 1週間で124人増

2021 横浜市長選

2021 横浜市長選 政治

情報は7月23日時点

7月29日号

こどもの本総選挙受付

地区センコミハなど

こどもの本総選挙受付 文化

7月29日号

豊岡小で防犯教室

豊岡小で防犯教室 教育

少年補導員と県警、企業がコラボ

7月29日号

コロナの課題確認

中電停車期成会

コロナの課題確認 社会

鉄道利用を注視

7月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter