鶴見区版 掲載号:2014年2月20日号 エリアトップへ

白井選手が大賞 県イメージアップに貢献

社会

掲載号:2014年2月20日号

  • LINE
  • hatena
大賞を受賞した白井健三選手
大賞を受賞した白井健三選手

 文化やスポーツなどを通し広く県民に元気を与え、神奈川全体のイメージアップに貢献した個人や団体に贈られる「第16回神奈川イメージアップ大賞」がこのほど発表され、昨年、体操で世界王者となった区内在住の白井健三選手が大賞に輝いた。

 県イメージアップ大賞は、異業種交流を通じ地域活性化を目指す「神奈川21世紀の会」(毎日新聞社主催)の活動の一環で、1998年に会が発足して以来実施されているもの。今年の大賞には、昨年ベルギーで行われた体操世界選手権で床運動の世界王者となった白井健三選手のほか、2団体が受賞した。

 受賞のスピーチに立った白井選手は、五輪についても触れ、「両親やコーチに迷惑をかけている分、演技で恩返ししていく。19歳でリオデジャネイロ五輪を経験して、23歳で迎える東京五輪に照準を合わせていきたい」と、今後の意気込みを語った。

「自信」の書も

 また、受賞者には昨年毎日書道展で文部科学大臣賞を受賞した書道家・船本芳雲氏による書が副賞として贈られた。書の内容は受賞者が希望した言葉で、白井選手は「自分を信じて」をリクエスト。「体操の演技は6種類あり、自分の色を出せるスポーツ。特徴であるひねりを生かし、どのような場面でも自分を信じて演技したい」という気持ちを込めたという。

 今回の神奈川イメージアップ大賞の受賞者、団体は以下の通り。(敬称略、順不同)

【大賞】▽白井健三選手(区内在住・岸根高校2年)/「三陸沖に瀬谷丸を!」実行委員会/MARK IS みなとみらい・Orbi Yokohama

【特別賞】▽JX-ENEOS野球部/県立横浜修悠館高校軟式野球部

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

鶴見川一斉清掃に100人

鶴見川一斉清掃に100人 社会

桜緑化委員会ら有志集う

12月2日号

福祉用具無料で体験

「防センジャー」から出題

市民防災センター

「防センジャー」から出題 社会

6問答えて商品ゲット

12月2日号

3代目「まもり」就役

横浜市消防艇

3代目「まもり」就役 社会

最新鋭の設備搭載

12月2日号

パンフ掲載店を募集

#うちメシ応援プロジェクト

パンフ掲載店を募集 文化

9日まで

12月2日号

食事券が販売再開

Go To Eat

食事券が販売再開 経済

コンビニやLINEで

12月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook