鶴見区版 掲載号:2014年2月20日号 エリアトップへ

鶴工跡地 看護学校整備で調整へ 市内2校を統合し移転

社会

掲載号:2014年2月20日号

  • LINE
  • hatena

 2011年3月末に閉校し、利活用が検討されていた市立鶴見工業高校の跡地について、横浜市は現在、跡地の一部に横浜市医師会看護専門学校を移転再整備する方向で調整を進めていることがわかった。1月29日、3年ぶりの「検討会」で市当局から初めて示されたもので、住民は「突然で驚いている」と戸惑う。

 JR鶴見線「鶴見小野町駅」そばの鶴工跡地は、道路を挟み東側0・8ha、西側1・5haの土地。東側は特別養護老人ホーム(100床程度)が建設予定で、現在整備が進んでいる。

 今回明らかになった看護学校は、西側に整備を予定しており、現存する体育館を有効活用し、校舎を新築する方向だ。市内保土ヶ谷区と港北区にある同専門学校の老朽化にともない、統合した上で移転再整備を検討しているという。

 市は来年度予算に、看護専門学校の移転再整備のための設計費補助として、5200万円を計上している。

住民加え検討会

 鶴工跡地の利活用については、閉校決定後すぐの08年から、市や区の担当者と、周辺自治会・町内会、商店街関係者などからなる「鶴見小野町駅周辺地区まちづくり検討会」の中で話し合いが進められてきた。

 その中でアンケートなどを実施し、住民の意見を収集。特養ホームは、その際に出た意見が採用された形だが、看護学校は要望されたものではないという。

「突然」と戸惑いも

 「ずっと放っておいて怠慢ではないか」。1月29日、8回目となった検討会で、出席した住民からはそんな声も漏れたという。「前回が2011年の3月で、検討会は約3年ぶり。看護学校の話は初めて聞いた」と出席者の一人は話す。

 市が地域の要望を踏まえ、10年に打ち出した駅周辺土地利用基本構想案によると、当初は「防災性」「駅前拠点」「福祉施設」といったゾーンに分け、段階的に整備する方針だった。このうち「防災」と「駅前」では、UR都市機構と連携して再開発するとしていた。

 だが、市は29日の検討会で、「事業手法検討の結果、周辺を含めた再開発事業は成立困難と結論づけた」と説明。12年度の段階でURとの連携を終了し、看護学校は、関係局内で新たに検討して出た案だという。

 出席者の一人は「途中報告もほとんどなかった。人が増えて賑わうのはいいが、通学時の安全面など新たな課題も出る。住民意見も反映してもらえれば」と話している。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

朝ドラ契機 “鶴見力”発信へ

朝ドラ契機 “鶴見力”発信へ 社会

官民学一丸 実行委員会が設立

12月2日号

つくの商店街に「こども食堂」

つくの商店街に「こども食堂」 社会

喫茶ラズベリーが19日から

12月2日号

マスターズ日本記録更新

ザバス鶴見水泳4選手

マスターズ日本記録更新 スポーツ

4×200mフリーリレーで快挙

11月25日号

登録1万人を突破

患者情報共有「サルビアねっと」

登録1万人を突破 社会

施設数100超 神奈川区にも

11月25日号

白幡神社、地域で支えて

ふるさと寺尾実行委員会

白幡神社、地域で支えて コミュニティ文化

清掃・焼き芋企画に80人超

11月18日号

依存症対策の計画策定

横浜市

依存症対策の計画策定 社会

横の連携で早期支援へ

11月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月18日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook