鶴見区版 掲載号:2014年2月20日号 エリアトップへ

医療と介護が連携強化 東部病院テーマに勉強会

社会

掲載号:2014年2月20日号

  • LINE
  • hatena
資料を見ながら学ぶ参加者
資料を見ながら学ぶ参加者

 区内の病院や診療所などの医療機関と、訪問看護・ヘルパーなどの在宅ケアサービスを行っている事業者らで作る『つるみ在宅ケアネットワーク』の第9回勉強会が2月7日、済生会横浜市東部病院で行われた。

 在宅ケアは、療養が必要な人が自宅で医療・福祉のサービスを受けるもの。同ネットワークは、鶴見で安心して在宅ケアを受けられるようにと、「顔の見える関係づくり」を目的に区医師会在宅部門が設立。年2回、勉強会を開くなどして連携強化に取り組んでいる。

 当日は、区内の医療・介護従事者ら約160人が参加。「済生会横浜市東部病院の機能と役割」をテーマに、勉強会が進められた。

 会の中で、東部病院の現状などを話した医師は、「いつも満床でベッドが足らず、緊急入院の余裕がない」などと問題点を指摘。長期入院となる中等症などは、地域の病院と連携しながら、転院を進めていく必要性などを語った。

 また、団塊の世代が75歳となる「2025年問題」にも触れ、「このままでは日本の医療は破たんする。鶴見は病院や診療所など、理解のある人たちが多く、相当進んでいるが、それでもまだまだだと思う。もっと協力していかなければ」と地域完結型医療の促進を呼びかけた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

天気に恵まれ、稲刈り

天気に恵まれ、稲刈り 社会

横溝屋敷で稲作教室

10月22日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 経済

補助金活用も改修費重荷

10月22日号

ジュニア大会制す

ニュー横浜スターズ

ジュニア大会制す スポーツ

トーナメント方式で初代頂点に

10月22日号

鶴見ゆかりの書を堪能

鶴見ゆかりの書を堪能 文化

プロ26人の作品展示

10月22日号

詐欺警戒に石原プロと協力

鶴見警察署

詐欺警戒に石原プロと協力 社会

 バスや駅などにポスター

10月22日号

緒形拳さん企画展

市歴史博物館

緒形拳さん企画展 文化

戦後大衆文化史を振り返る

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク