鶴見区版 掲載号:2014年2月27日号 エリアトップへ

見て、作ってエコ体験 市民団体企画に400人

社会

掲載号:2014年2月27日号

  • LINE
  • hatena
手回し発電を体験する子ども
手回し発電を体験する子ども

 身近にあるものから気軽にエコを学ぶイベント「食べて見てつくって体験!エコライフつるみ」が、2月22日、豊岡商店街内の鶴見ふれあい館で行われた。

 イベントは、「横浜で地球を学ぼう」を合言葉に、市民や大学、行政らが推進する環境啓発の産学民官連携プロジェクト「ヨコハマ・エコ・スクール(YES)」の一環。市内18区で実施されており、鶴見では区内を中心に地球温暖化などの環境啓発を進める4団体が協力して企画した。

 当日は親子連れなど約400人が参加。4団体による自然素材を使ったクラフト作りや、太陽の熱のみを利用する調理用具、ソーラークッカーの工作コーナーなどが設置され、参加者は身近なエコを体験した。

 手回し発電でおもちゃを動かす体験をした子どもは、「意外に大変なことがわかった」と目を丸くしていた。

 また、会場では、鶴見たけのこ学童クラブの児童が描いた環境メッセージと絵画や、横浜F・マリノスの選手直筆「エコ宣言色紙」も飾られた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

「防災」家族で考えよう

「防災」家族で考えよう 教育

市立小3生にハンドブック

10月29日号

正社員雇用 8割「当面維持」

正社員雇用 8割「当面維持」 経済

横浜市調査で企業回答

10月29日号

女性特有のがんと検診

ピンクリボン月間企画

女性特有のがんと検診 社会

〜私らしく地域で生きる〜

10月29日号

安全の上の満足度追求

安全の上の満足度追求 経済

キリン工場見学 8カ月ぶり再開

10月29日号

対象品最大20万円割引に

県内の産業支援にかもめクーポン開始

対象品最大20万円割引に 経済

10月29日号

末吉を知る講座

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク