鶴見区版 掲載号:2014年2月27日号 エリアトップへ

高齢者の声カードでつかむ 諏訪坂  住民配布し見守り

掲載号:2014年2月27日号

  • LINE
  • hatena

 高齢化に伴い、地域で高齢者世帯などをどう見守るかが課題となる中、諏訪坂では自治会などが中心となり、高齢者の声をすくう地道な活動を続けている。

 2月21日夜7時30分。諏訪坂公園を訪れると、地域住民ら約10人が集まっていた。メンバーは二手に分かれると、住宅街をパトロールしながら、いくつかの家のポストに黄色のカードを届けていく。

 内容を見ると、日時と時間、担当者の名前、連絡先、『付近をパトロールしましたが異常は認められませんでした』のメッセージ。一人暮らしの高齢者世帯など約30世帯に月に1回以上配布している。

大雪でSOS

 この「パトロールカード」は2年ほど前から配布するようになった。「防犯パトロールなどだけでは、なかなかコミュニケーションにつながらない。自分からSOSも伝えられる通信手段になればと配布を始めた」と諏訪坂自治会の池田昇会長は話す。

 大雪が降った今月には、1人暮らしの住民が、カードを頼りに「家の雪かきをしてくれないか」と連絡が来ることもあった。「感謝の言葉をもらうことも多い。住民の安心感につながっていると思う」とパトロールに参加する烏田次雄さんは話す。

地域で協力を

 諏訪坂では、住民がサポーターとして日常的に周囲の高齢者世帯の異変に気を配るなど、地域全体での見守り活動を進めている。

 池田会長は、「自宅で倒れた一人暮らしの住民に、周囲がすぐに気付けない出来事があった。地域の見守りを担う民生委員だけでは手が足りない」と、地域ぐるみで見守り体制を整える重要性を語る。

 活動に参加する住民らは、「安心な地域づくりのために、今後も配布を継続していきたい」と、優しく街を見守っていた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

天気に恵まれ、稲刈り

天気に恵まれ、稲刈り 社会

横溝屋敷で稲作教室

10月22日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 経済

補助金活用も改修費重荷

10月22日号

ジュニア大会制す

ニュー横浜スターズ

ジュニア大会制す スポーツ

トーナメント方式で初代頂点に

10月22日号

鶴見ゆかりの書を堪能

鶴見ゆかりの書を堪能 文化

プロ26人の作品展示

10月22日号

詐欺警戒に石原プロと協力

鶴見警察署

詐欺警戒に石原プロと協力 社会

 バスや駅などにポスター

10月22日号

緒形拳さん企画展

市歴史博物館

緒形拳さん企画展 文化

戦後大衆文化史を振り返る

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク