鶴見区版 掲載号:2014年3月6日号 エリアトップへ

(PR)

海洋都市ヨコハマへ 鍵は「ブルーカーボン」

掲載号:2014年3月6日号

  • LINE
  • hatena
シンポジウムではさかなクン・刑部教授らが登壇
シンポジウムではさかなクン・刑部教授らが登壇

 横浜市は現在、「親しみやすい海づくり」を目ざす海洋の脱温暖化プロジェクト「横浜ブルーカーボン事業」に取り組んでいる。

 ブルーカーボンとは、海洋に生息する生き物によって吸収・捕捉される炭素のこと。森林の炭素吸収を指すグリーンカーボンにちなんで、2009年に国連環境計画(UNEP)によって命名された。

 広く海に面している横浜市は、このブルーカーボンにいち早く着目。横浜・八景島シーパラダイスの内湾で温室効果ガス吸収の実証実験を行うなど、先進的な事業を展開している。

シンポジウムも

 ブルーカーボンの理解を深める「第2回国際ブルーカーボン・シンポジウムin横浜」が3月20日(木)、横浜情報文化センター=中区=で開催される。東京海洋大学客員准教授のさかなクンや刑部真弘同大大学院教授らが登壇し、海洋都市の在り方などを議論する。

 参加無料。詳細・問合わせは上記。

横浜市温暖化対策統括本部横浜グリーンバレーHP

http://www.city.yokohama.lg.jp/ondan/ygv/

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6

終活・相続の無料相談会

オンラインによる

終活・相続の無料相談会

電話、ネットで対応

1月14日号

鎌田實氏が講演

鎌田實氏が講演

横浜市老人クラブ連合会

1月14日号

コロナ禍における歯と口の重要性

新春特別寄稿

コロナ禍における歯と口の重要性

企画/鶴見区歯科医師会

1月1日号

コロナ禍における歯と口の重要性

新春特別寄稿 歯周病対策新型コロナにも

コロナ禍における歯と口の重要性

企画/鶴見区歯科医師会

1月1日号

若者が希望を持てる社会に

意見広告

若者が希望を持てる社会に

モンゴル国立医科大学名誉教授篠原グループ 会長篠原今朝男

1月1日号

ネズミ被害が増加中!?

ネズミ被害が増加中!?

ダスキン東寺尾 無料点検実施中

12月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク