鶴見区版 掲載号:2014年3月6日号 エリアトップへ

本でつながる思い 製本ボラ西津さん被災児童へ寄贈50冊超

社会

掲載号:2014年3月6日号

  • LINE
  • hatena
西津さん(写真上中央)と舞鶴メンバー、手作りのカバー
西津さん(写真上中央)と舞鶴メンバー、手作りのカバー

 震災の年の秋ごろから、年に1度、岩手県山田町と大槌町の小学校2校に、本を贈っている人がいる。区内で本の修理などを行う製本ボランティア「舞鶴」のメンバー、西津貴美子さん(71、東寺尾中台在住=写真中央)だ。これまで贈ったのは50冊以上。舞鶴のメンバーらとともに、手作りのメモ帳カバーも製作し、卒業する児童に記念としてプレゼントもしている。

「お金で済ませたくない」

 きっかけは震災前、新聞の投稿欄で、岩手県滝沢市(旧滝沢村)に、同じ製本ボランティア団体があることを知ったことだった。

 「全国的にも数少ない製本ボラ。嬉しくて、震災前の2月にあった活動報告の展示会で、そのことを知らせてしまったの」

 そんな中で起きた東日本大震災。気がかりが募った。「募金は手っ取り早いけど、お金で済むのだろうか」と悩んだ末、本を贈ることを決めたという。

 ボランティアの存在しかわからなかった西津さんは、当時の滝沢村役場に依頼。所在を探し当てた。内陸のため被害の少なかった村は、山田町と大槌町を支援しており、その伝手で小学校へ寄贈することになった。

 本は各校から希望を聞き購入。修理用のテープも添え、費用は西津さんが全額負担している。「地震のときに学校にいた子が卒業するまでは続けようと思う」と西津さんは話す。

手作りでメモ帳カバー

 「もっと応援しよう」。手作りのメモ帳カバーは、舞鶴メンバーが協力を申し出て始まった。

 布の端切れを使い、丁寧に作られたカバーは、卒業生への記念品。「忘れられるのはつらいこと。届けば、まだ覚えてくれているというのが伝わるはず」とメンバーは気持ちを込める。

 カバーには、何種類かのメッセージカードも添える。『祝卒業。疲れを知らない中学時代こそチャレンジの時。目標を持ってね』

 手にした子どもたちからは、お礼の手紙や年賀状が届く。「やっぱり嬉しい」と西津さんはほほ笑む。今年は2校で約90人分を作った。3月10日ごろに発送予定という。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

コロナ相談24時間化へ

コロナ相談24時間化へ 社会

市、12月から電話窓口統一

11月26日号

コーラスと演歌がコラボ

コーラスと演歌がコラボ 文化

ボニージャックスら出演

11月26日号

キリン工場見学再休止

キリン工場見学再休止 経済

コロナ再拡大で

11月26日号

優良工事施工者を表彰

優良工事施工者を表彰 社会

区内から6社4人

11月26日号

癒しで鶴見を盛り上げる

癒しで鶴見を盛り上げる 社会

区内セラピストら 安らぎを提供

11月26日号

鶴見ゆかりの書を堪能

鶴見ゆかりの書を堪能 文化

プロ26人の作品展示

11月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク