鶴見区版 掲載号:2014年3月6日号 エリアトップへ

生麦学区 小中学生が合奏で交流 4校連携し初開催

掲載号:2014年3月6日号

  • LINE
  • hatena
合唱とともに披露された大合奏
合唱とともに披露された大合奏

 生麦中学校区の子どもたちの交流を深めようと、市立生麦中・生麦小・岸谷小・寺尾小の吹奏楽部や金管バンドによる初めての合同演奏会が3月1日、生麦中学校で開かれた。

 演奏会は、生麦中学校、生麦小学校、岸谷小学校、寺尾小学校を含む生麦中学校小中一貫ブロックと、生麦中周辺の地元住民によって組織される生麦中学校風早台運営委員会が主催。中学校の部活動の種目を通じた交流会「生麦中学校区小中交流会」の一環として開かれた。これまでに、陸上競技や野球など運動部の種目を体験する教室が2月1日、22日に開かれ、今回の演奏会が最終日となる。

 企画のねらいについて生麦中の藤田耕平校長は、「小学生には中学生ががんばる姿を見て部活へ期待感を持ってほしい。中学生にとっても小学生に教えることなどを通して成長できる機会になる」と話す。

 横浜市では、小中一貫教育推進の一環として、年1回小学生と中学生の交流日を設け、各地域で活動が行われている。藤田校長は「交流日とは別に、小中学生がふれあう機会を設けるのは珍しいのでは」と話す。

「あんな風になりたい」

 演奏会には、生徒・児童約120人が出演。各校の演奏後、全員での大合奏で交流会を締めくくった。

 生麦中学校の生徒らは、「楽器の楽しさを知ってほしい。吹奏楽部に興味をもってもらえたら」と期待をこめる。中学生の演奏を見た小学生らは、「中学生の演奏は迫力があり、みんなの音がそろっていた。あんな風になりたい」と目を輝かせていた。

 「将来的には、小学校、中学校だけでなく、高校生、大人も世代を超えて参加できる街の音楽会に、育てていけたら」と藤田校長は語っていた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

“食”で留学生など応援

“食”で留学生など応援 社会

地元企業3者がコラボ

1月14日号

「敵はコロナ」 共同でチラシ

区内個人飲食店

「敵はコロナ」 共同でチラシ 経済

鶴見中央7店 販促シェア

1月14日号

地域活性化へ“新様式”模索を

区長インタビュー

地域活性化へ“新様式”模索を 社会

前例とらわれず、区民とともに

1月7日号

石川区連長に総務大臣賞

石川区連長に総務大臣賞 社会

自治会での功績に評価

1月7日号

「コロナ対策、最優先に」

林市長インタビュー

「コロナ対策、最優先に」 政治

IR誘致は継続へ

1月1日号

新成人 5年ぶり減少

2,698人が門出 鶴見区

新成人 5年ぶり減少 社会

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク