鶴見区版 掲載号:2014年3月6日号 エリアトップへ

(PR)

「ロコモ」の予防を 整形外科医がサポーター養成

掲載号:2014年3月6日号

  • LINE
  • hatena
活動を呼びかけるロゴマーク
活動を呼びかけるロゴマーク

 骨や筋肉など運動器の障害のために、移動機能が低下している状態「ロコモティブシンドローム(通称・ロコモ)」の予防を目的にした「よこはまロコモサポーター養成講座」が3月24日(月)午後1時30分から昭和電工(株)横浜事務所(神奈川区恵比須町)で開かれる。主催は日本整形外科学会の整形外科医らが作る「ロコモ チャレンジ!推進協議会」。

 ロコモは進行すると介護が必要になる場合もあり、同会は予防意識を社会全体に広げようとしている。講座では整形外科医がロコモの原因を解説し、「ロコモ度テスト」や予防するための運動「ロコトレ」を体験しながら、ロコモ予防を広める仲間づくりを考える。

 参加無料。定員50人。申し込みは17日(月)まで。詳細はサポーター事務局【電話】045・633・9660、サイト(http://www.y-locomo.com/)からも申込可能。

よこはまロコモサポーター事務局

TEL:045-633-9660

http://www.y-locomo.com/

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6

終活・相続の無料相談会

オンラインによる

終活・相続の無料相談会

電話、ネットで対応

1月14日号

鎌田實氏が講演

鎌田實氏が講演

横浜市老人クラブ連合会

1月14日号

コロナ禍における歯と口の重要性

新春特別寄稿

コロナ禍における歯と口の重要性

企画/鶴見区歯科医師会

1月1日号

コロナ禍における歯と口の重要性

新春特別寄稿 歯周病対策新型コロナにも

コロナ禍における歯と口の重要性

企画/鶴見区歯科医師会

1月1日号

若者が希望を持てる社会に

意見広告

若者が希望を持てる社会に

モンゴル国立医科大学名誉教授篠原グループ 会長篠原今朝男

1月1日号

ネズミ被害が増加中!?

ネズミ被害が増加中!?

ダスキン東寺尾 無料点検実施中

12月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク