鶴見区版 掲載号:2014年3月6日号 エリアトップへ

石巻の島で居場所作り 河西英彦さん(平安町在住)

社会

掲載号:2014年3月6日号

  • LINE
  • hatena
自立支援の重要性を訴える河西さん
自立支援の重要性を訴える河西さん

 「異例中の異例だった。どこから手を付けていいのかわからないくらい、被害はすごかった」

 阪神淡路大震災以降、「教訓を持ち帰りたい」という思いから、大きな災害が起こった地域ほとんどにボランティアとして関わってきた河西英彦さん(平安町在住)。目に映った東日本大震災の被害の光景は、これまで見た被災地のものとは違っていたという。

 あれからまもなく3年。河西さんは、「神奈川災害ボランティアネットワーク」の一員として、今も被災地と関わり続けている。

 宮城県石巻市の網地島(あじしま)。津波によって漁港を失い、若い人の多くが職を求めて島を去った。平均年齢は73歳。急激な過疎化が進んでいるという。そんな島の現状を助けようと、河西さんは現在、同ネットワークのメンバーらとコミュニティー作りを進めている。

 「人がいなくて祭りもできない状態だった」。現地の行政や社会福祉協議会、地域住民らから聞き取りを重ね、浮き彫りになった現状。島全体をコミュニティーの場として活用し、島民はもちろん、ボランティアや島外の人たちが集まる居場所を作る方針を固めた。

 「『また来たよ』というような、継続的な心のつながりを、被災地は欲している」と河西さん。今後、再度現地へ訪問し、具体的な取り組みに移る予定だ。

 月日が経つにつれ、「ボランティアの減少」と「震災の記憶の風化」を結びつける報道が所々に見られるが、河西さんは待ったをかける。「支援の仕方が変わってきた。自立を支援するためにも、どこまで支援するかの見極めが重要」。一日でも早く日常へ戻るためにも、ボランティアが減っていくことは自然なことと考えている。

 例えば空き地の整備。草刈りだけでは、ボランティア任せになり、自立につながりにくいという。「畑にするなどして、地元の人たちが継続して管理するようなものとして残さないと」

 また、これからの課題として、子どもへの防災教育を挙げる。「子どもは素直。災害時でも習った通りに動く。見習った大人が救われた例もある」。これも被災地からの教訓だ。

 「3・11で住民の防災意識が高まった。無駄にはしたくない」。熱心なのは、「平安町をいいまちにしたい」との思いがあるからだ。「災害は必ず来る。いいまちの究極は、いざという時に対応できること」。災害に強い、いいまちを目ざして、これからも被災地へ足を運び続ける。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

区賀詞交換会、盛大に

区賀詞交換会、盛大に 文化

区民580人で祝う

1月16日号

聖火リレーのルート発表

東京2020

聖火リレーのルート発表 スポーツ

横浜市内は7月1日に走行

1月16日号

「100年時代」語るシンポ

「100年時代」語るシンポ 社会

黒岩知事の基調講演も

1月16日号

福祉サービスで優秀賞

駒岡リハビリデイリカバリータイムズ

福祉サービスで優秀賞 社会

社会参加の場開設 自立支援

1月16日号

青少年入店など防止徹底

青少年入店など防止徹底 社会

遊技場組合 パチンコ店巡回

1月9日号

鶴大杯 元宮が優勝

寺尾城にせまる大企画

寺尾城にせまる大企画 文化

歴史と文化学ぶ新イベント

1月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク