鶴見区版 掲載号:2014年3月6日号 エリアトップへ

ブラジル精神で支援 ABCジャパン被災地訪問を継続

掲載号:2014年3月6日号

  • LINE
  • hatena
ブラジル料理をふるまう参加者
ブラジル料理をふるまう参加者

 鶴見区を拠点に、ブラジルを始めとする外国人の生活相談や日本語教室などを行っているNPO法人「ABCジャパン」は、東日本大震災の発生以降、繰り返し被災地に足を運び、ブラジル人精神で、支援活動を続けている。

物資各地から集まる

 震災発生後、まずとりかかったのは、物資集めだった。在日ブラジル人全国ネットワークの事務局でもあるABCは、全国の在日ブラジル人に物資提供を呼びかけた。すると、各地から洋服やおむつ、飲料水など事務所に入りきらないほどの物資が集まった。

 「そのまま放ってはおけない、何かやらなきゃという精神がブラジル人にはある」とABCの安富祖(あふそ)美智江副理事長は話す。

 被災地では、炊き出しやマッサージなど様々な支援活動を実施。ブラジルの伝統的なスポーツ・カポエイラを通して子ども達とふれあったり、ブラジル料理をふるまうこともあった。「アイデアが思いつけばすぐ実行。とにかく自分から行動するのがブラジル人」と安富祖さんは言う。

少しずつ距離縮まる

 被災者を見ると、困難な状況にありながら「ルールを守る」という冷静な姿に驚かされた。当初は、外国人だからか、距離を置かれているように感じることもあった。しかし、時間が経つにつれ、被災した当時の体験を打ち明ける人も現れるようになったという。

 安富祖副理事長は、「現地のボランティアはだんだん人手が足りなくなっている。被災者の心のケアなどは今後も必要。これからも続けていきたい」とブラジル人流支援を継続していく意欲を見せていた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

抽選会で育むつながり

抽選会で育むつながり 社会

江ヶ崎町 当選商品を手渡し

9月24日号

被害件数県下ワースト

区内振り込め等

被害件数県下ワースト 社会

過去10年 7番目以上なし

9月24日号

中電停車、課題など確認

中電停車、課題など確認 社会

期成会総会 コロナで縮小も継続

9月24日号

「相談」が資産守る

「相談」が資産守る 社会

 言葉巧み 被害寸前

9月24日号

二輪死亡事故が増加傾向

鶴見署管内

二輪死亡事故が増加傾向 社会

コロナで総数減も、「注意を」

9月24日号

菅内閣がスタート

【Web限定記事】

菅内閣がスタート 政治

小此木氏(鶴見区・神奈川区選出)が再入閣

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月13日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク