鶴見区版 掲載号:2014年3月6日号 エリアトップへ

(PR)

かかりつけ医ふれ鶴 脳神経外来が充実 脳の病気トータルに診療

掲載号:2014年3月6日号

  • LINE
  • hatena

 地域のかかりつけ医「ふれ鶴」の愛称で親しまれている「ふれあい鶴見ホスピタル」=東寺尾4丁目=に、このほど頭痛外来と脳神経リハビリテーション外来が新設された。

 頭痛外来(馬場泰尚医師)は、日常的に頭痛を繰返す症状を持つ人のための外来。頭痛の原因を探り、吐き気やめまいなどの頭痛に伴う症状の軽減、再発予防などについてアドバイスを受けられる。

 脳神経リハビリ(高塚博医師)は、脳血管障害、頭部外傷など脳障害による運動機能の低下にも対応し、機能訓練を実施。院内での訓練の他、自宅でできる訓練法なども提案する。

 同院には、新設の2外来のほか、脳神経外科・内科外来、脳ドック、物忘れ外来も設置。新たな外来が新設されたことで、脳疾患の予防・治療・リハビリをトータルに診療できるようになった。「専門的な医療を提供できる『脳神経センター』としても、今後地域で役立っていけたら」と同院は話している。

ふれあい鶴見ホスピタル

横浜市鶴見区東寺尾4-4-22

TEL:045-586-1717

http://www.fureai-g.or.jp/tsu/

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6

無料査定でプレゼント

不動産会社×タウンニュース

無料査定でプレゼント

締切迫る、1月31日まで

1月28日号

いつまでも「自分らしく」暮らしたい人へ

24時間看護スタッフ常駐 専門フロアによる認知症ケア 大和ハウスグループ

いつまでも「自分らしく」暮らしたい人へ

各日1組2名限定 「個別見学会」開催

1月28日号

わずかな採血で「がんリスク」を判定

女性の不安 電話で支援

女性の不安 電話で支援

横浜市男女共同参画推進協会 相談窓口を新設

1月21日号

高齢者の「もしも」を守る

地域密着

高齢者の「もしも」を守る

鶴見区内で見守りサービス開始

1月21日号

薬に頼りすぎない健康生活

薬に頼りすぎない健康生活

vol.6「ご不安にお応えします」

1月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク