鶴見区版 掲載号:2014年3月13日号 エリアトップへ

かとう正法(まさのり)県会議員レポ 29

掲載号:2014年3月13日号

  • LINE
  • hatena

 出身地元鶴見区の政務で県や国への自論を提言中!

ぜひお声かけくださいませ。【かとまさ】や名前検索でネット記録、私の定期配布チラシ最新号も、ぜひご覧頂き、【かとう正法】の活動をクチコミ広報して頂けましたら、本当に嬉しいです。どうかお願いいたします!

 大震災から3年、脱原発や防災強化へ行動を継続中。私の本会議質疑、前号続き。【県民の安全・安心確保へ】

■【6】市町村と連携し、県有施設も地域の防災拠点へ!

 人口密度が高い首都圏で大災害が発生すれば、避難者数は膨大。市が所管する地域防災拠点の小中学校も被災し、避難所の大幅不足で、病人・けが人・高齢者・乳幼児等の野外避難を危惧。加えて、インフラ復旧の困難化、家屋損壊他、様々な事由での避難生活長期化にも備えるべし!鶴見区では、広域避難場所の県立三ツ池公園と隣接する、私の母校、鶴見高校や、津波被害の想定エリア近くの鶴見総合高校や、鶴見養護学校等の県立施設も大いに活用すべき。

 教育と防災の両輪施設として重要視を!有事の際は、地域と広域で、市と県の、防災の役割分担など無意味。

 市民=県民の不安をなくすべく、県全域で、平時に市町村へ極めて積極的な働きかけをし、備えの徹底を。

■【7】水道水の安全確保を!

 生命維持に不可欠なモノ、空気・水・食料関連で不安な事例が多発。政策実行の優先度を上げるべし!以前、水道事業の民間委託時でも、最終的な水質管理は県が責務を担うべく提言し、実現。水質事故は県民の健康や命の危機に直結。今後も万全な備えを!県は政令市とも連携し、水質管理センター設立を検討中。広域行政の県は特に先導役を担うべき。

 以上、数回に分け、要旨概略を抜粋。各取組みの優先度引き上げを強く要請し、前向きな答弁を引き出せた。私も広域自治体の議員として、大局観に加え、進行確認など、政策の中身や細部にも、こだわり続けます!

■次回3/27号もご一読を。
 

かとう正法 【加藤まさのり】 みんなの党 県会議員・支部長

横浜市鶴見区佃野町16-22

TEL:080-6571-1192

http://www.katomasa.jp/

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

円滑な定額給付金支給を

市政報告太'sレポート 104

円滑な定額給付金支給を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

5月28日号

拡大防止協力金の申請受付中

緊急のお知らせ ぜひご活用ください 県政報告ひでしの「実績で勝負」㊾

拡大防止協力金の申請受付中

公明党 鈴木 ひでし

5月21日号

暮らしを守り、街を守る

中小・個人事業の支援策 市政報告みちよレポ【3】

暮らしを守り、街を守る

横浜市会議員(自民党) 東みちよ

5月21日号

子どもたちに胸を張れる大人で、社会であるように

令和2年度 ⅤOL2 山田かずまさ市政報告

子どもたちに胸を張れる大人で、社会であるように

5月14日号

大事なのは『あと少しの想像力』危機を乗り越えよう

令和2年度 ⅤOL1 山田かずまさ市政報告

大事なのは『あと少しの想像力』危機を乗り越えよう

4月16日号

危機を乗り越え、羽ばたこう!

この春、卒業した子どもたちへ 市政報告みちよレポ【2】

危機を乗り越え、羽ばたこう!

横浜市会議員(自民党) 東みちよ

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク