鶴見区版 掲載号:2014年3月27日号 エリアトップへ

区社協に新送迎バス 日本財団から初の寄贈

社会

掲載号:2014年3月27日号

  • LINE
  • hatena
寄贈された車と佐藤会長(右)、森下さん
寄贈された車と佐藤会長(右)、森下さん

 鶴見区社会福祉協議会(佐藤信男会長)はこのほど、社会福祉団体などを支援している日本財団から車両の寄贈を受けた。区社協が実施している、バスなどの一般交通機関の利用が困難な人向けの送迎サービスが評価され、今回はじめての寄付に至ったという。

 車両は3月19日に鶴見中央地域ケアプラザへ納車。4月から高齢者や難病患者のための福祉施設への送迎車として利用される。

 日本財団は1994年から、申請のあった団体へ福祉車両の寄贈を行っている。ロゴ入りの車両を前に、佐藤会長は「障害者や高齢者にとってとても助かる。ありがたい」と話した。

送迎利用市では断トツ

 送迎車の運賃は、区社協から乗車地点まで300円、目的地まで1Kmごとに120円。今年1月時点での利用登録者は417人と、横浜市内でトップ。「車両も5台と多く、土曜日も利用できるため、利用頻度は市内でも断トツで多い」と区社協の森下晴香さんは話す。

 佐藤会長は「利用者の方には気持ちよく乗ってもらっている。新しい車両も区内の方々に活用してもらえたら」と利用を呼び掛けた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

19日に臨海フェス

19日に臨海フェス 社会

ゲームや模擬店ずらり

10月17日号

次世代に伝える地元文化学ぶ

次世代に伝える地元文化学ぶ 文化

「田祭り」テーマに

10月17日号

チェロの舞台 20日に

小山さん 叙勲祝賀に250人

小山さん 叙勲祝賀に250人 社会

関係者ら貢献に感謝

10月10日号

「思いやり大切に」

鶴見区高齢者交通安全大会

「思いやり大切に」 社会

一日署長・森田さん呼びかけ

10月10日号

SDGsで県と連携

区内4社

SDGsで県と連携 社会

パートナー登録

10月10日号

鶴見の近現代をひも解く

鶴見の近現代をひも解く 文化

郷土史展 15日から

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク