鶴見区版 掲載号:2014年3月27日号 エリアトップへ

かとう正法(まさのり)県会議員レポ 30

掲載号:2014年3月27日号

  • LINE
  • hatena

 出身地元鶴見区の政務で県や国への自論を提言中!ぜひお声かけくださいませ。

【かとまさ】や名前検索で、ネット記録、私の定期配布チラシ最新号も、ぜひご覧頂き、【かとう正法】の県政活動をクチコミ広報して頂けたら、本当に嬉しいです。どうかお願いいたします!厚生委員会の私見要点抜粋。

◆公営住宅での高齢者支援

 『健康団地』名で支えあいや見守りあいを進める取組は超少子高齢化社会に向け、老若男女のふれあい拡大と公営住宅の未来の維持政策、両面でのプラス効果を期待。県は市町村団地にも仕組を広め、県全体で成果追求を。

◆災害時の医療救護の体制

 大災害時に医療の体制は、一人でも多くの命を救うため特に重要。調整・統括役が被災し、県の救護本部に集まれない場合などは現場が混乱。指揮系統や役割分担の明確化、責任者や担当者が不在時のバックアップ等々を、多様なケースを想定し、平時に準備の徹底を。

 また耐震化など、災害拠点病院や救命救急センターへの支援や整備のみならず、集中治療室や入院設備があり、普段から多くの患者を抱える中小病院へも拡充し、医療の地域連携を図るべき。

◆県立がんセンターの取組

 県はがん治療の優位性増大に特段注力を。がんワクチンセンターの臨床研究に期待。特区事業として国へ、規制緩和の要請をより強化すべき。国際的医療人材の養成でも県費で様々な準備中だが、本来は国策であり、県主導で行う必要性は希薄、との自論。がん治療政策の特化や強化を優先すべき!

 他、医療財政の安定化基金は医療費増大の今、大変重要。運営状況の情報開示で、県民が現状を適時把握し、安心できるよう配慮を。

 緊急時に命を救うAEDを交番へ設置。いざという時、気転ですぐに活用できるよう、県民へ周知徹底を。

 県の『未病を治す』施策は、大変解り難い。健康増進では既に民間や市町村の取組多様。他の策で県費支出を。

◆次回5月15号もご一読を!
 

かとう正法 【加藤まさのり】 みんなの党 県会議員・支部長

横浜市鶴見区佃野町16-22

TEL:080-6571-1192

http://www.katomasa.jp/

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の意見広告・議会報告最新6

真の共生社会へ盲ろう者支援が実現

ひでしの「実績で勝負」㊹県政報告

真の共生社会へ盲ろう者支援が実現

公明党 鈴木 ひでし

10月10日号

パートナーシップ制度導入へ

市政報告太'sレポート 96

パートナーシップ制度導入へ

横浜市会議員 公明党 尾崎太

9月26日号

自転車条例ルールブックを実現

ひでしの「実績で勝負」㊸県政報告

自転車条例ルールブックを実現

公明党 鈴木 ひでし

9月12日号

市民の意見も聞かない市長は許せませんカジノ誘致はやめるべきです!

市政報告

市民の意見も聞かない市長は許せませんカジノ誘致はやめるべきです!

日本共産党 横浜市会議員団 副団長 古谷やすひこ

9月5日号

中高年のひきこもりに理解を

市政報告太'sレポート 95

中高年のひきこもりに理解を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

8月29日号

持続可能な発表の機会を

市政報告太'sレポート 94

持続可能な発表の機会を

横浜市会議員 公明党 尾崎太

7月25日号

障がい者の就労支援推進へ

県政レポートNo.1

障がい者の就労支援推進へ

神奈川県議会議員 ためや 義隆

7月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク