鶴見区版 掲載号:2014年3月27日号 エリアトップへ

海洋シンポに200人 さかなクンも熱弁

社会

掲載号:2014年3月27日号

  • LINE
  • hatena
意見を述べるさかなクン(右)
意見を述べるさかなクン(右)

 環境に優しい海洋都市づくりを考える「第2回国際ブルーカーボン・シンポジウムin横浜」が3月20日、横浜情報文化センターで開催され、約200人が参加した。主催は横浜市温暖化対策統括本部。

 横浜市は現在、「親しみやすい海づくり」を目ざす海洋の脱温暖化プロジェクト「横浜ブルーカーボン事業」に取り組んでいる。

 ブルーカーボンとは、海洋に生息する生き物によって吸収・捕捉される炭素のこと。森林の炭素吸収を指すグリーンカーボンにちなんで、2009年に国連環境計画(UNEP)によって命名された。

 当日は刑部真弘東京海洋大学大学院教授や同大客員准教授のさかなクンといった、海洋研究分野で第一人者として活躍する11人が登壇。パネルディスカッションではロサンゼルス港の温室効果ガス削減策などが紹介され、横浜の海洋都市としての在り方を探った。

 同本部の信時正人さんは「海は世界とつながっている。各地と情報交換をしながら事業に取り組んでいきたい」と意気込んだ。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

小山さん 叙勲祝賀に250人

小山さん 叙勲祝賀に250人 社会

関係者ら貢献に感謝

10月10日号

「思いやり大切に」

鶴見区高齢者交通安全大会

「思いやり大切に」 社会

一日署長・森田さん呼びかけ

10月10日号

SDGsで県と連携

区内4社

SDGsで県と連携 社会

パートナー登録

10月10日号

鶴見の映画、製作に協力を

鶴見の映画、製作に協力を 社会

製作委 ネット寄付募る

10月10日号

鶴見の近現代をひも解く

鶴見の近現代をひも解く 文化

郷土史展 15日から

10月10日号

第二京浜歴史探る

幻の五輪コース

第二京浜歴史探る 文化

10月10日号

自立の悩み関わり学ぶ

自立の悩み関わり学ぶ 文化

30日潮田地区センで

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク