鶴見区版 掲載号:2014年4月17日号 エリアトップへ

ママ目線で子育てマップ 区内の情報盛り込む

社会

掲載号:2014年4月17日号

  • LINE
  • hatena
製作に参加したママたち
製作に参加したママたち

 鶴見中央や市場、潮田地区に住む子育てママがこのほど、地区内の子育て情報などを盛り込んだ地図「つるみままっぷ みなみ」を製作した。地図は、4月中に鶴見区役所や地区内の地域ケアプラザ、コミュニティハウスなどで配布が開始される。

 「ままっぷ」は、2009年に北寺尾在住の主婦・今井幸子さんが発案。これまで、「てらお」「にし」「きた」と3エリアで発行されており、今回の「みなみ」版で区内全体が網羅された形だ。

 製作は、市場地区の「子育て支援会議KOMET」(鈴木ようこ代表)と、潮田地区の「おやこのひろば まあすでい」(阿武奈美子代表)といった市民団体らが協力。発案者の今井さんらも含め、3地区計22人のママたちが参加した。

 掲載情報は、ベビーカーや自転車などを使い、歩いて収集。地区により生活環境が異なるため、子育てママたちのニーズに沿って盛り込む情報を選んだという。

 サイズはA2判で両面刷り。3千部発行。みなみ版の問合せは、鶴見市場地域ケアプラザ・コミュニティハウス「ゆうづる」【電話】045・504・1077。

4枚を一つに

 今井さんら、これまでの発行メンバーが中心となり、各地区の地図を改訂した上で、一つにまとめた「ままっぷ」を製作しようと動き出している。今井さんは「他地区を知る機会。子育てママが気軽に外出するきっかけになれば」と話す。

 現在、各エリアで作業に参加できる子育てママを募集している。会場は各地域ケアプラザが中心。5月から6月ごろに順次開始予定。参加希望者はEメールで、件名に「ままっぷ参加希望」と明記の上、氏名・住所・電話番号・同伴の場合子どもの名前と月齢を添えて【メール】teraomamap@gmail.comへ申し込む。4月30日まで受付。詳細問合せは同アドレスへ。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

ドライバーを養成中

子育てタクシー協会

ドライバーを養成中 教育

需要安定 認定2千人

4月2日号

市民施設休館12日まで延長

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

ハマスタを自宅で作ろう

DeNA

ハマスタを自宅で作ろう スポーツ

ペーパークラフト無料公開

3月26日号

区内イベント等中止情報

機能拡充し収集申込可能に

横浜市粗大ごみ

機能拡充し収集申込可能に 社会

AI活用したチャットボット

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク