鶴見区版 掲載号:2014年4月24日号 エリアトップへ

鶴見大学・鶴見大学短期大学部の新学長として手腕をふるう 伊藤 克子さん 中区在住 69歳

掲載号:2014年4月24日号

  • LINE
  • hatena

走り続ける「教員人生」

 ○…大本山總持寺が創設し、短期大学として61年、大学として51年。史上初の女性学長となった。これまで高名な僧侶や仏教学者が就いてきた学長の職。「まさか自分がなるなんて」。依頼された気持ちを素直に振り返る。總持寺を開いた瑩山禅師も、鎌倉時代にありながら女性を積極登用したと言われる人物だった。「選んで頂いた皆さんの大英断。何かを変えてほしいという思いが伝わった」

 ○…岩手県盛岡市生まれ。高校卒業後に上京し、大学では運動好きが高じて体育を専攻した。1967年、当時の鶴見女子大学に、教員として採用され、以来、ほとんどの教員人生を鶴見大で過ごした。実は「女性初」は今回が二度目。一度目は鶴見大と同じく、学校法人總持学園が運営する附属高校・中学校の校長だ。2006年から10年まで務めた校長職時代には、同校の共学化や校舎新築など、変化の先頭に立った。

 ○…「引っ越すときは、図書館とジムに近いところに」。読書と運動が息抜きだ。特に図書館通いは独身時代から続く習慣。ジャンルは決めず乱読する。「コーナーごとに1冊ずつ借りていくの。借りたものなら全部読まずに返せるでしょ」。好みは内容より文体。人に薦められた本もなるべく読み、「本の内容でその人がどんな人かを考える」といたずらっぽく笑う。

 ○…東日本大震災後、一度は94歳になる母と住むため、岩手に転居する準備を進めていた。「母には『まだ頑張るの?』と言われた」。45歳で夫を胃がんで亡くした後も、駆け抜けてきた教員の道。「巡り合わせ。できると思って依頼してくれたのだから、やってみるかと」。入学者数の増減が二極化している時代。「今頑張らなければ生き残れない」。伸びている大学があれば、調べもする。「学びの本質は人から人。学習の意欲に火をつけるのは先生や授業。うちも捨てたものじゃないですよ」。育ててくれた鶴見大へ、恩返しの日々が始まった。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

金田 正和さん

馬場花木園にある旧藤本家住宅の館長を務める

金田 正和さん

馬場在勤 61歳

11月21日号

生方 常明さん

光瑞山天院の住職を務める

生方 常明さん

寺谷在住 52歳

11月14日号

信時 正人さん

スマートイルミネーション横浜2019の実行委員長を務める

信時 正人さん

63歳

10月31日号

山内 秀行さん

潮田中央地区連合会の会長で、健康フェスタ開催の中心となってまとめる

山内 秀行さん

潮田町在住 65歳

10月24日号

林 園子さん

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた

林 園子さん

馬場出身 25歳

10月17日号

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク