鶴見区版 掲載号:2014年5月29日号 エリアトップへ

3代目の横浜スカーフ親善大使に選ばれた 小林 優衣さん YFD専門学校2年 19歳

掲載号:2014年5月29日号

  • LINE
  • hatena

1人に1枚スカーフを

 ○…横浜開港で盛んになった生糸輸出の中で生まれた伝統工芸「横浜スカーフ」。その魅力を1年間、イベントやメディアなどで伝える。鶴見中央にある学校法人桜井学園横浜ファッションデザイン専門学校(YFD)に通い、2代目の大使を務めていた同校の先輩の活動をブログで見て「素敵だな」と思ったことが応募のきっかけ。「常に笑顔で」というアドバイスを胸に審査に臨み、見事任命通知を受け取った。「一人1枚スカーフを持ってもらいたい」と意気込む。

 ○…小学5年生の時、海外のファッションショーの映像を見て、憧れを抱いた。当初は「デザイナーになりたい」と思ったものの、「新しいものを生み出すより、今あるものを広めるほうが自分には向いていた」と、現在はYFDのファッションビジネス科で商品知識や接客術などを学ぶ。来春からは内定しているアパレルメーカーで、ブランドイメージを対外的にPRする「プレス」を目ざし働く。

 ○…雑誌のスナップやヘアーショーなどでモデルを務めた経験もあり、人前に出るのは得意。今年2月にサルビアホールで開かれた、YFDの学生によるファッションショーでも、モデルを務めた。「緊張したけれど、学生時代のいい思い出になった」と振り返る。打ち上げなど仲間同士で集まる時は学校近くのお好み焼き店へ行くことも。「シァル鶴見で買い物もよくします」と鶴見での学生生活を楽しんでいる。

 ○…ほぼ毎日スカーフを身に付け学校に通っている。周囲からは、「かわいいね」「どこで買ったの」と「毎回注目してくれて、褒めてくれる」とうれしそうに語る。しかし、高価なスカーフは10代にはまだまだハードルが高いのも事実。「学生にスカーフが広がっている実感はまだ薄いけれど、10代で付けられるものもたくさんあるので、流行らせたい」。スカーフにとびきりの笑顔を添え、老若男女に魅力を伝えていく。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

中西 静代さん

日本最高峰となる国風盆栽展に6年連続出品を果たした

中西 静代さん

鶴見中央在住 79歳

3月4日号

間口 節子さん

史季の郷のボランティアとして近隣学校で「昔の洗濯体験」を行う

間口 節子さん

矢向在住 69歳

2月25日号

どんらくさん(本名:堀場蔵人)

【WEB限定記事】東宝タクシー(株)で働き、”タクチューバ―”として活躍する

どんらくさん(本名:堀場蔵人)

区内在住 46歳

2月18日号

Akoさん(本名:本田葵子)

プロダンスリーグで活躍する

Akoさん(本名:本田葵子)

佃野町在住 18歳

2月11日号

野路 晶基さん

(公社)鶴見法人会青年部会部会長として活躍する

野路 晶基さん

尻手在住 43歳

2月4日号

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

横浜市内在勤 39歳

1月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月16日16:09更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小さな盆栽展 16日まで

鶴見銀座木曽屋

小さな盆栽展 16日まで

建替閉店セールに合わせ

3月4日~3月16日

鶴見区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク