鶴見区版 掲載号:2014年7月24日号 エリアトップへ

(PR)

世界のアニメで外国学ぶ 子ども向け多文化フェス

掲載号:2014年7月24日号

  • LINE
  • hatena

 外国人が多く住む鶴見区で、海外の文化に触れ、理解するきっかけにしてもらおうという企画「つるみde多文化フェスティバル」が、8月2日(土)午前10時から午後4時まで、JR鶴見駅東口すぐのシークレイン内(区民文化センターサルビアホールなど)で行われる。

 多文化フェスは、市内で2番目に外国人が多い鶴見区の子どもたちに、楽しみながら「多文化共生のまち・つるみ」の一端に触れてもらおうと企画されたもの。鶴見区ではこれまでも、外国籍の子どもなどに向けた学習支援などを行ってきたが、子どもを対象にした複合的な啓発イベントは初めてとなる。

 鶴見区は「日本人も外国人も、同じ地域に暮らす住民。この企画が多文化共生を考えるきっかけになれば」と願いを込める。

 当日は、世界中の子ども映画祭で人気の短編アニメーションを上映。ブラジル独特のリズムであるジンガを学び、サンバやカポエイラを体験するコーナー、留学生から世界の遊びを教えてもらうコーナーが設置される。

 そのほか、海外の絵本の読み聞かせ、世界のじゃんけん、民族衣装での記念撮影などもあり、家族で楽しめるイベントになっている。

 入場無料。当日申込み制のもの有。問い合わせは、鶴見区役所区政推進課【電話】045・510・1676。

つるみde多文化フェス(会場シークレイン2階~4階)

TEL:045-510-1676

http://www.city.yokohama.lg.jp/tsurumi/etc/exchange/fes.html

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6

女性の不安 電話で支援

女性の不安 電話で支援

横浜市男女共同参画推進協会 相談窓口を新設

1月21日号

高齢者の「もしも」を守る

地域密着

高齢者の「もしも」を守る

鶴見区内で見守りサービス開始

1月21日号

薬に頼りすぎない健康生活

薬に頼りすぎない健康生活

vol.6「ご不安にお応えします」

1月21日号

終活・相続の無料相談会

オンラインによる

終活・相続の無料相談会

電話、ネットで対応

1月14日号

鎌田實氏が講演

鎌田實氏が講演

横浜市老人クラブ連合会

1月14日号

若者が希望を持てる社会に

意見広告

若者が希望を持てる社会に

モンゴル国立医科大学名誉教授篠原グループ 会長篠原今朝男

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク