鶴見区版 掲載号:2014年7月31日号 エリアトップへ

植田さん(上の宮中3年)、陸上で全国へ 800mで急成長し初切符

掲載号:2014年7月31日号

  • LINE
  • hatena
左から、福丸君、植田さん
左から、福丸君、植田さん

 横浜市立上の宮中学校陸上部の植田真由さん(3年)が、8月17日から香川県で行われる全日本中学校陸上競技選手権大会の女子800mに出場する。植田さんの全国出場は初。また、同部1年生の福丸仁君は関東大会への出場を決めた。

 植田さんは、7月に行われた県大会の女子800mで全国への条件となる「標準記録」を突破し、出場権を勝ち取った。植田さんは全国初出場。3年生になるまでは、主に200mで走り、昨年出場した県大会では入賞することもできていなかった。

 800mで全国に挑むきっかけを作ったのは、同部顧問の佐藤和弘教諭。練習の中で400mや600mを走る様子を見ていた佐藤教諭は、「しっかり走れている。記録を出せるのでは」と、挑戦を勧めた。

 2年時の春の大会で800mにチャレンジした経験はあったが、満足いく結果を出すことはできず、「距離が長いのは嫌だった」と植田さんは苦笑する。しかし、7月の全日本中学校通信陸上競技神奈川県大会で優勝を果たすなど、急激な成長を遂げてきた。

 「全国での目標は決勝進出」という植田さん。佐藤教諭は、200m経験者ならではの「最後の追い上げ」が鍵になると分析する。植田さんは、「中学生最後の夏なので、悔いの残らないよう、全力で走り切りたい」と意気込みを語っていた。

福丸君は関東へ

 同部1年生も活躍を見せている。福丸仁君は、1500mで県大会2位に入るなど、高タイムを残し、8月に平塚市で行われる関東中学校陸上競技大会出場を決めた。小学生時代から、走ることが得意でロードレース大会で上位に入った経験もあるという。「緊張しているが、決勝に残りたい」と福丸君。佐藤教諭は2選手について、「2人ともそれぞれの種目を始めて半年足らず。未知数な部分がある分、伸びしろがある」と期待をかけていた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

市内に特設交付拠点

マイナンバーカード

市内に特設交付拠点 社会

市、21年度に向け検討

1月21日号

樹名板に二次元コード

馬場花木園

樹名板に二次元コード 文化

情報発信を強化

1月21日号

“食”で留学生など応援

“食”で留学生など応援 社会

地元企業3者がコラボ

1月14日号

「敵はコロナ」 共同でチラシ

区内個人飲食店

「敵はコロナ」 共同でチラシ 経済

鶴見中央7店 販促シェア

1月14日号

地域活性化へ“新様式”模索を

区長インタビュー

地域活性化へ“新様式”模索を 社会

前例とらわれず、区民とともに

1月7日号

石川区連長に総務大臣賞

石川区連長に総務大臣賞 社会

自治会での功績に評価

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク