鶴見区版 掲載号:2014年8月28日号 エリアトップへ

鶴見大学文学部教授・就職対策委員長として学生ボランティアを地域へ送り出す 加川 順治さん 生麦在住 56歳

掲載号:2014年8月28日号

  • LINE
  • hatena

大学生を地域へ

 ○…鶴見大学学生の就労支援に、10年前から尽力している。「地域に入り込んでいくことで、学生は成長する」。大学と地域の連携を重要視し、近隣の豊岡商店街をはじめ、学生が様々な地域活動に関われるようサポートしている。このほど同商店街に掲げられたフラッグもその一環。「地域に役立つことが学生のためにもなる、ウィンウィンの関係になれば」

○…専門はフランス文学。パリに6年留学していた経験もあるが、途中でイタリアやスペインの歴史ある文化に魅了されるといった、好奇心旺盛な一面も。「それがなかったら6年もかからなかったよ」と笑う。就労支援に力を入れはじめたのは、「学生が社会にふれる機会を」との思いから。インターンを導入するなど、学内の就労環境を少しずつ改善していった。「インターンを希望する学生は、『何かやらなきゃ』と焦ってる人が多い。まずはボランティアからはじめてはと思った」。区役所等に協力を仰いで、学生が地域にふれる場を設ける一方、ボランティアサークルの立ち上げに関わるなど、地域と学生の架け橋となっている。

 ○…朝晩、一日2回お茶を立てる時間が、安らぐひととき。「ひしゃくでそそぐ静かな音が良い。自分を原点に戻してくれる」と、茶道の魅力を語る口調に、思わず熱がこもる。「奥さんには物好きと思われてるだろうけど」と苦笑するも、「禅の文化をまちの中で可視化できれば。總持寺のある鶴見全体に、風情のあるものを散らしていきたい」と揺らぐことはない。

 ○…「よりよいまちとはどういうものか、それぞれの立場からみんなが考えていく手伝いをしたい」。アイデアは豊富にある。「總持寺参道入口に茶屋をつくって、總持寺アンテナショップにすると面白い。学生が運営することで、まちと總持寺・大学をつなぐことができるはず」。よりよい鶴見を目ざし、若者を率いて奮闘する。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

林 園子さん

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた

林 園子さん

馬場出身 25歳

10月17日号

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

森山 民雄さん

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる

森山 民雄さん

潮田町在住 71歳

9月26日号

藤田 健二さん

神奈川交流大会4連覇を果たしたローリングバレーボールチームのキャプテン

藤田 健二さん

金沢区在住 45歳

9月12日号

堀江 幹雄さん

豊岡商店街協同組合の理事長を務める

堀江 幹雄さん

豊岡町在住 70歳

9月5日号

前田 正博さん

陶芸家として活躍し、子ども向けワークショップなども開く

前田 正博さん

北寺尾在住 71歳

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク