鶴見区版 掲載号:2014年9月4日号 エリアトップへ

鶴見区食品衛生協会会長を務める 坂入 義光さん 市場東中町在住 68歳

掲載号:2014年9月4日号

  • LINE
  • hatena

謙虚に人を思いやりたい

 ○…安全でおいしい食事を楽しむために、切り離せないのが食品衛生。食に関わる営業者などから成る「鶴見区食品衛生協会」は、その大切さを飲食店や一般家庭に呼びかけてきた。27日には食中毒予防キャンペーンを実施した。「予防には、手洗いの心がけや食品の扱いなどに注意することが大事。少しでも食中毒を区内から出さないようにしたい」と優しく語る。

 ○…茨城県出身。繊維関係の会社への就職に合わせ上京したが、2年ほどで退職。当時繊維製品の対米輸出は、日本とアメリカの貿易交渉の末、制限されることになっていた。時勢を見極め「繊維業界は先が見えない」と、サラリーマン生活から心機一転始めたのが、店主を務めている「井戸屋」だ。餅菓子の製造からスタートし、1980年から定食などを出す食事処としても営業するようになった。40年通っている常連客もいるといい、長年地元に根付いてきた。

 ○…店は夫婦が中心となって切り盛りしてきた。「働き者の妻の支えがあってここまでやれている」と感謝する。結婚以来ケンカをしたことはない。円満の秘訣は「相手の気持ちになって考えること」。人の意見を尊重し思いやる心は、会長としての務めの中でも大切にしている。「おごらず、謙虚に。自分の意見は皆の意見を聞いて最後に言わせてもらう。それができなければ人の上には立てない」。店に来る客の話にも、しっかり耳を傾ける。「話し相手になることも仕事。若い人が通ってくれると、自分の子どものように思ってしまう」と微笑む。

 ○…協会は近年、食中毒予防だけでなく、日常生活が制限されることなく生活できる期間「健康寿命」の延伸にも力を入れる。「鶴見は市内でも健康寿命が低い。野菜を十分に接種できる食事などを呼びかけていきたい」。70歳を超えたら、妻と2人ゆっくり過ごしたいという。「一緒に第二の人生を歩んでいきたい」

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

小高 信一さん

鶴見区商店街連合会の会長に就任した

小高 信一さん

生麦在住 70歳

8月6日号

遠藤 一郎さん

鶴見地区警察官友の会の会長に就任した

遠藤 一郎さん

馬場在住 73歳

7月30日号

清水 雅彦さん

横浜商科大学の学長に就任した

清水 雅彦さん

東寺尾在勤 76歳

7月16日号

小野 航平さん

横浜市初のプロアイスホッケーチームとなった横浜GRITSでGKを務める

小野 航平さん

瀬谷区出身 31歳

7月9日号

新田 興助さん

鶴見区納税貯蓄組合連合会の会長に就任した

新田 興助さん

東寺尾在住 73歳

7月2日号

鈴木 浩さん

横浜市幼稚園協会の会長に就任した

鈴木 浩さん

泉区在住 54歳

6月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月30日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 5月28日18:48更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年8月6日号

お問い合わせ

外部リンク