鶴見区版 掲載号:2014年9月4日号 エリアトップへ

鶴見区食品衛生協会会長を務める 坂入 義光さん 市場東中町在住 68歳

掲載号:2014年9月4日号

  • LINE
  • hatena

謙虚に人を思いやりたい

 ○…安全でおいしい食事を楽しむために、切り離せないのが食品衛生。食に関わる営業者などから成る「鶴見区食品衛生協会」は、その大切さを飲食店や一般家庭に呼びかけてきた。27日には食中毒予防キャンペーンを実施した。「予防には、手洗いの心がけや食品の扱いなどに注意することが大事。少しでも食中毒を区内から出さないようにしたい」と優しく語る。

 ○…茨城県出身。繊維関係の会社への就職に合わせ上京したが、2年ほどで退職。当時繊維製品の対米輸出は、日本とアメリカの貿易交渉の末、制限されることになっていた。時勢を見極め「繊維業界は先が見えない」と、サラリーマン生活から心機一転始めたのが、店主を務めている「井戸屋」だ。餅菓子の製造からスタートし、1980年から定食などを出す食事処としても営業するようになった。40年通っている常連客もいるといい、長年地元に根付いてきた。

 ○…店は夫婦が中心となって切り盛りしてきた。「働き者の妻の支えがあってここまでやれている」と感謝する。結婚以来ケンカをしたことはない。円満の秘訣は「相手の気持ちになって考えること」。人の意見を尊重し思いやる心は、会長としての務めの中でも大切にしている。「おごらず、謙虚に。自分の意見は皆の意見を聞いて最後に言わせてもらう。それができなければ人の上には立てない」。店に来る客の話にも、しっかり耳を傾ける。「話し相手になることも仕事。若い人が通ってくれると、自分の子どものように思ってしまう」と微笑む。

 ○…協会は近年、食中毒予防だけでなく、日常生活が制限されることなく生活できる期間「健康寿命」の延伸にも力を入れる。「鶴見は市内でも健康寿命が低い。野菜を十分に接種できる食事などを呼びかけていきたい」。70歳を超えたら、妻と2人ゆっくり過ごしたいという。「一緒に第二の人生を歩んでいきたい」

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

生方 常明さん

光瑞山天院の住職を務める

生方 常明さん

寺谷在住 52歳

11月14日号

信時 正人さん

スマートイルミネーション横浜2019の実行委員長を務める

信時 正人さん

63歳

10月31日号

山内 秀行さん

潮田中央地区連合会の会長で、健康フェスタ開催の中心となってまとめる

山内 秀行さん

潮田町在住 65歳

10月24日号

林 園子さん

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた

林 園子さん

馬場出身 25歳

10月17日号

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

森山 民雄さん

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる

森山 民雄さん

潮田町在住 71歳

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク