鶴見区版 掲載号:2014年9月11日号 エリアトップへ

サルビアの顔、今年は5人 最多61組から選出

文化

掲載号:2014年9月11日号

  • LINE
  • hatena
=写真はサルビアホール提供=
=写真はサルビアホール提供=

 鶴見区民文化センターサルビアホールを拠点に活動する「レジデントアーティスト」の顔ぶれが、今年も決定された。今回オーディションで選出されたのは5人。新たにフルートや尺八が加わり、11月15日には全員が出演する公演も開催が予定されている。

 レジデントアーティストは、同ホールが開館されて以来、毎年公募されている。

 昨年は同ホールのほか、区内の商店街など各地でコンサートを行ってきた。

 今年のオーディションでは、過去最多の61組が応募。選考を経て、昨年に続いて青山瑠美子さん(ピアノ)、椿義治さん(サックス)の2人と、新たに大貫夏奈さん(ピアノ)、有田紘平さん(フルート)、田嶋謙一さん(尺八)の3人が加わることとなった。

 同ホールは開館1年目から「花鳥風月」の一文字ずつをアートシーズンのテーマとして掲げている。4年目となる今年は「月」がテーマ。「ホールに足を踏み入れたらそこは別世界のような、幻想的な世界を創り出していきたい」と同ホールの丹羽梓さんは新たなシーズンへの意気込みを話す。

11月15日にコンサート

 レジデントアーティストをお披露目する場として、アートシーズン「月」の幕開けとなる11月15日(土)には、5人が総出演する「ツルミガラ2014」が開催される。

 毎年恒例のこのコンサートを皮切りに、レジデントアーティストは来年7月まで、同ホールを拠点としてさまざまな公演を行っていくという。

 コンサートは午後3時開演。一般2千円、区民特割1500円。チケットの問い合わせは同ホール【電話】045・511・5711

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

天王院で大師講

天王院で大師講 文化

200年以上の歴史

11月14日号

国交大臣賞の栄誉

キリン緑地

国交大臣賞の栄誉 社会

「今後の模範」と高評価

11月14日号

不審者訓練に依頼増

鶴見警察 シナリオ考案

不審者訓練に依頼増 社会

内容伏せ本番 実際学ぶ

11月7日号

独自に開設マニュアル

岸谷小 防災拠点

独自に開設マニュアル 社会

分かりやすさ重視

11月7日号

工事順調、来年3月開通へ

横浜北西線

工事順調、来年3月開通へ 経済

バイパス渋滞改善も期待

10月31日号

振り込め対策に電話機

区内5団体

振り込め対策に電話機 社会

あすから貸出開始

10月31日号

市が年内導入へ

パートナーシップ制度

市が年内導入へ 社会

同性カップルなど公認

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク