鶴見区版 掲載号:2014年9月11日号 エリアトップへ

競泳100m自由形で国民体育大会に出場する 辻彌岳(みやま)さん 馬場在住 22歳

掲載号:2014年9月11日号

  • LINE
  • hatena

努力で夢をつかみとる

 ○…国民体育大会に初出場が決まった。繰り上がりという形で代表の座をつかんだが、それは運が作用したからだけではない。「自分は天才じゃないけれど、努力でここまで来た」

 ○…水泳は小学校1年から。始めてしばらくは練習には後ろ向きだった。だが、5年で横浜市の水泳大会に出場し、決勝戦を見た時「華やかですごい」と憧れるように。その後、同級生らと泳ぎに打ち込むも、翌年出場した市大会では満足のいく結果を出せなかった。悔しさを抱え、寺尾中学に進学すると、学校になかった水泳部を自ら創設。ますます泳ぎにのめりこんだ。「自分には水泳以外何もない。これにかけようと決めていた」と振り返る。全国初出場は、高校2年生。「人生で1番と言っていいぐらいうれしかった」。「遅咲きだった」自らの成長を後押ししたのは、恩師との出会い。長所を伸ばし、時に厳しい指導で、本気で上を目ざすことを教えてくれた。「それまでの価値観を変え、自分を本気にさせてくれた」。大学進学後も、強豪選手と肩を並べ競い、着実に結果を残してきた。「のしあがってきた自信はある」

 ○…家族も競泳生活を支える。試合前、父は毎回体毛を剃ってくれる。水が肌に当たる感覚が変わるという。母は、食事を気遣い、ほぼ毎日、鉄分接種のためひじきやレバーを出す。「実はあまり好きじゃなくて」と苦笑するが、「家族には本当に協力してもらっている」と感謝を忘れない。息抜きは友人との時間。「いい結果が出た時は食事をしようと集まってくれる。皆応援してくれている」

 ○…水泳を始めた小学生のころから、オリンピックに憧れ続けてきた。かつて、高校で出会った恩師に「オリンピックになんか出られない」と言われ、「どうしてそんなこと言うんだ」と言い返したことも。「あの時の恩師の言葉を見返したい」。2016年のリオデジャネイロ五輪に向かって迷わず突き進む。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

生方 常明さん

光瑞山天院の住職を務める

生方 常明さん

寺谷在住 52歳

11月14日号

信時 正人さん

スマートイルミネーション横浜2019の実行委員長を務める

信時 正人さん

63歳

10月31日号

山内 秀行さん

潮田中央地区連合会の会長で、健康フェスタ開催の中心となってまとめる

山内 秀行さん

潮田町在住 65歳

10月24日号

林 園子さん

冊子「どうぶつを飼うということ」のデザインとイラストを描いた

林 園子さん

馬場出身 25歳

10月17日号

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

森山 民雄さん

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる

森山 民雄さん

潮田町在住 71歳

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク