鶴見区版 掲載号:2014年9月18日号 エリアトップへ

ベナン共和国へ机と椅子 橘学苑中高生 現地の小学生に贈呈

社会

掲載号:2014年9月18日号

  • LINE
  • hatena
一枚一枚シールを貼りつける生徒
一枚一枚シールを貼りつける生徒

 橘学苑中学校・高等学校=獅子ヶ谷=が、使わなくなった木製の机と椅子216組を西アフリカ・ベナン共和国の小学校に贈る。生徒会を中心に企画され、このほど机と椅子の掃除や、「私たちのベナンの友だちへ」と英語で書かれたシールの貼りつけなどを実施。有志も含め延べ100人が作業を行った。準備された机と椅子は9月19日に横浜港から出港される予定だ。

青空教室で活用へ

 同校は、生徒も進学する横浜薬科大のベナン人留学生とのつながりから、駐日ベナン大使夫妻などと交流を重ねていた。

 今回の企画は、学校側から「余剰の机と椅子がある」と聞いた大使夫人が、「子どもたちが喜ぶ」と寄付を依頼。ベナンの都市部を離れた奥地では、机も椅子もない青空教室が多く、同校は「そういう場所で活用してもらえれば」と寄贈を決めた。

メッセージも企画

 贈られる机と椅子は、今年3月まで使用され、生徒が中学校入学時に手作りで組み立てたもの。生徒会担当の北川真司教諭は、「生徒の思いが詰まったもの。活かされるのはありがたい」と話す。

 作業した生徒会副会長の丸山友実さん(16)は、「机も椅子もなく、外で勉強するのは大変だと思う。助けられるのは嬉しい」と笑顔。授業でベナン人と交流したという中学2年生の鈴木汐梨さん(13)は、「陽気で楽しい人たちだった。貧富の差がある国。きれいになった机と椅子を使ってもらえれば」と話した。

 現地への到着は11月上旬ごろを予定。生徒は今後、手紙など、ベナンの子どもたちへのメッセージも送る考えで、丸山さんは「英語など、ベナンの子たちがわかる言葉で書きたい」と意欲を示していた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

オンラインで防災会議

【Web限定記事】横浜市鶴見区

オンラインで防災会議 社会

コロナ禍の災害を想像

5月21日号

医療物資を市に寄贈

【Web限定記事】国際ロータリー第2590地区

医療物資を市に寄贈 社会

新型コロナ対策

5月21日号

医療と経済に重点配分

【Web限定記事】横浜市 補正予算

医療と経済に重点配分 政治

林市長、コロナ対策語る

5月21日号

食の支援、寄付を募集

【Web限定記事】横浜市社協

食の支援、寄付を募集 社会

6月15日まで

5月21日号

“持ち帰り”に目印

“持ち帰り”に目印 社会

潮田 飲食店にボード設置

5月21日号

困窮学生の生活、学習を支援

困窮学生の生活、学習を支援 社会

鶴大、商大が給付制度新設

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月8日15:42更新

  • 4月25日21:27更新

  • あっとほーむデスク

    4月17日20:51更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク