鶴見区版 掲載号:2014年10月9日号 エリアトップへ

ボランティア団体 本の修理技術伝える 4回講座に約20人

文化

掲載号:2014年10月9日号

  • LINE
  • hatena
製本作業に取り組む参加者
製本作業に取り組む参加者

 区内で地域の壊れた本を修理するボランティア団体「舞鶴」が10月1日、鶴見区役所内のつるみ区民活動センターで、製本などの本の修理技術を体験してもらう講座を開いた。

 舞鶴は、結成6年目。区内の地区センターに壊れた本が多くあったことから、地域の本の修理に取り組もうと始まった。現在地区センターのほか、鶴見図書館や小学校など7カ所で定期的に本の修理を施している。「月に30冊から70冊は修理してもらっており、かなり助かっている」と図書館は話す。

地域のニーズ高く

 講座は、舞鶴の活動を後継していく若手を育てようと企画された。全4回行われ、20人ほどの参加者は上製本と呼ばれるハードカバーの製本方法などを学んだ。

 後継者を確保したいのは、地域に壊れた本がまだ多く残されているからだ。 舞鶴の高橋美智子さんは、「学校の司書から壊れている本が多く困っているという声を聞くこともある」と話す。

 実際、講座では小学校で図書室のボランティアをしている保護者が参加する姿も見られた。「図書室にも修繕が必要な本は多い。校内で講習会を開くなど、ここで学んだことを後のボランティアにも引き継いでいきたい」と話していた。

 高橋さんは、「本の修理に困っているところはまだたくさんあるはず。さらにボランティアは必要」と語っていた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

無観客ライブを生配信

ピアノトリオH ZETTRIO

無観客ライブを生配信 文化

15日、29日

7月9日号

地域の混雑 ウェブで紹介

神奈川県

地域の混雑 ウェブで紹介 社会

感染防止ブックも公開

7月9日号

「撮っておき」の写真募集

「撮っておき」の写真募集 文化

市営交通カレンダー企画

7月9日号

「IR」再検証を

「IR」再検証を 社会

市民団体 コロナ禍で市に意見書

7月9日号

返礼27品を追加

横浜市ふるさと納税

返礼27品を追加 経済

新型コロナ対策支援で

7月9日号

別所熊野神社に植樹

別所熊野神社に植樹 社会

田口園芸 55周年でサクラ

7月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

  • 5月8日15:42更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク