鶴見区版 掲載号:2014年10月9日号 エリアトップへ

鶴見消防団 分団の垣根越え連携 訓練会に240人

掲載号:2014年10月9日号

  • LINE
  • hatena
消火訓練を行う団員(写真提供は鶴見消防団)
消火訓練を行う団員(写真提供は鶴見消防団)

 鶴見消防団(金井康夫団長)は先ごろ、大規模災害対応訓練会を曹洞宗大本山總持寺内の大駐車場で実施した。

 この訓練は、入団5年以内の新入団員の育成と、区内で隣接する分団の連携を強化するために行うもの。8箇分団が一堂に会す訓練は初めて。

 当日は240人の団員が参加。臨海部での津波を想定し、ボートを使った救出訓練や、消火訓練、重機を用いた木材の切断なども行われ、団員らは緊迫した雰囲気の中で連携を確認していた。

防災力向上へ

 訓練は2011年の東日本大震災を契機に考案された。鶴見消防署庶務課の福元五喜課長は「3・11の教訓として、有事の際に動員数が下がるということがあった。一つの分団だけでなく、隣の地域の分団と連携していくことが重要」と訓練の意義を話す。

 今後は1年おきに、同様の訓練を行っていくという。福元課長は「他の分団の訓練を見ることで団員のコミュニケーションが活発化していていい刺激になっていた」と話した。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

貝殻浜の生き物で水族館

貝殻浜の生き物で水族館 社会

横溝屋敷 絵を描く企画も

7月30日号

古民家で思い出の一枚

古民家で思い出の一枚 文化

馬場花木園 結婚式の前撮り

7月30日号

万葉集の心を歌う

万葉集の心を歌う 文化

8月6日、サルビアホール

7月30日号

「今できることを」

「今できることを」 スポーツ

鶴見川漕艇場 制限と工夫

7月30日号

倒れるわけにいかない

済生会東部病院

倒れるわけにいかない 社会

地域医療の中核担う責務

7月30日号

”集う”葛藤も代えがたく

230カフェ

”集う”葛藤も代えがたく 経済

今、最大限の交流を探る

7月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月30日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 5月28日18:48更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月30日号

お問い合わせ

外部リンク