鶴見区版 掲載号:2014年10月9日号 エリアトップへ

赤い羽根募金はじまる 鶴見駅前で区長ら啓発

社会

掲載号:2014年10月9日号

  • LINE
  • hatena
募金する通行人
募金する通行人

 赤い羽根共同募金運動が、今年も10月から開始された。1日から3日には、民生委員やボランティアら314人が、JR鶴見駅の西口・東口で募金の呼びかけを実施。征矢雅和区長や、神奈川県共同募金会横浜市鶴見区支会の佐藤信男会長も駆け付け、ボランティアらを激励した。

 赤い羽根共同募金は、戦後復興の一環として1947年に立ち上げられ、戦争の被害を受けた福祉施設に資金支援する市民活動としてはじまった。以来、社会福祉事業の推進を目的に行われており、募金額の約7割は地域の高齢者施設や障害者施設で移動用車の整備や施設改修などに充てられている。

 今回の街頭募金では約34万6千円が集められた。窓口となる鶴見区社会福祉協議会の須藤智美さんは「区内の福祉活動が活発になれば」と話している。

 募金は12月31日までに区社協=鶴見中央4の32の1ユネックスビル5F=へ。問合せは区社協【電話】045・504・5619。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

振り込め詐欺を防止

振り込め詐欺を防止 社会

コンビニに感謝状

7月16日号

「熱中症注意」啓発を”配達”

「熱中症注意」啓発を”配達” 社会

消防 郵便車200台にステッカー

7月16日号

交番勤務員に表彰状

東台在住垣澤さんら

交番勤務員に表彰状 社会

感謝込め、独自に

7月16日号

区役所へ300万寄付

(株)エーアンドエーマテリアル

区役所へ300万寄付 社会

コロナ対策の一助に

7月16日号

ごみ袋の空気抜いて

市資源循環局

ごみ袋の空気抜いて 社会

7月16日号

「心の叫び聞いて」

区内NPOにインタビュー

「心の叫び聞いて」 教育

子どもら 休校後のSOS

7月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月16日0:00更新

  • 5月28日18:48更新

  • 5月28日18:21更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月16日号

お問い合わせ

外部リンク