鶴見区版 掲載号:2014年10月16日号 エリアトップへ

鶴見美術家協会の代表として区内の文化醸成に尽力する 藤浪 成喜さん 北寺尾在住 78歳

掲載号:2014年10月16日号

  • LINE
  • hatena

鶴見に文化の絵を描く

 ○…区内在住や在勤の作家ら12人が名を連ねる鶴見美術家協会。「人数は少ないけど、油から水彩、彫刻まで、個性豊かな面々が揃っている」。18日から22日まで鶴見区民文化センターサルビアホールのギャラリーで行う恒例の展覧会。「鶴見は人口の割に、文化芸術に関心が低い気がする。少しでも根付かせられれば」。鶴見の文化人として、活動に奔走する。

 ○…専門は油絵。50年以上になるが、美術系大学などは出ていない。「理工学部だった」と笑う。ただ好きだったという絵で生活を立てようと思ったのは、日本に洋画を広めた一人、木下孝則氏との出会いがきっかけだ。「鶴見に住んでいたんですよ。近所で、自宅で絵を教わった」。木下氏らが創立した一水会に入り、個展も何度も開いた。数年前には、横浜美術館に作品が収蔵された。だが、意外にも協会への加入は最近のこと。「3年前、鶴見区文化協会主催の区民文化祭で、個展をやってもらった。その隣で美術家協会も展覧会を開いていてね。誘われたから」

 ○…年間で40〜50の作品を描く。ほぼ毎日、パレットの絵具が乾かないくらいの間隔で作品に向かう。それでも、創作について「息詰まる瞬間はない」と言い切るほど、絵が好きだ。趣味は健康維持のためという山登り。「最近はあまり高い山は行かないが、だから健康」と快活な笑顔を作る。

 ○…「メンバーは70代が多い。若い人を入れないとなくなっちゃう」。協会の課題だ。これまで区民文化祭のみだった展覧会を今年7月にも開いた。「展覧会だけじゃなく、ボランティアで絵を教えたりしたい」「プロだから家にたくさん絵がある。美術を身近に感じるように、色々な施設に飾ったり」「美術部の高校生とか、学生も巻き込みたい」――文化醸成のため、試したいアイデアは色とりどり。「鶴見には著名な文化人が多く住んでいたんです」。文化のあるまちになるように、画家は今日も「絵」を描く。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

遠藤 一郎さん

鶴見地区警察官友の会の会長に就任した

遠藤 一郎さん

馬場在住 73歳

7月30日号

清水 雅彦さん

横浜商科大学の学長に就任した

清水 雅彦さん

東寺尾在勤 76歳

7月16日号

小野 航平さん

横浜市初のプロアイスホッケーチームとなった横浜GRITSでGKを務める

小野 航平さん

瀬谷区出身 31歳

7月9日号

新田 興助さん

鶴見区納税貯蓄組合連合会の会長に就任した

新田 興助さん

東寺尾在住 73歳

7月2日号

鈴木 浩さん

横浜市幼稚園協会の会長に就任した

鈴木 浩さん

泉区在住 54歳

6月25日号

新木 杜希美(ときみ)さん

横浜繊維振興会による9代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

新木 杜希美(ときみ)さん

鶴見中央在学 19歳

6月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月30日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 5月28日18:48更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月30日号

お問い合わせ

外部リンク