鶴見区版 掲載号:2014年10月23日号 エリアトップへ

寺を地域に開きたい 本覺寺が学びの場提供

文化

掲載号:2014年10月23日号

  • LINE
  • hatena
お経を読む会で学ぶ参加者
お経を読む会で学ぶ参加者

 寺と言えば、葬儀や法事の時にだけ訪れる特別な場所だと考えている人は少なくない。しかし、寺は子どもたちの学びの場「寺子屋」などとして、古くから地域に根付いてきた。獅子ヶ谷の天台宗本覺寺(河村隆哲住職=人物風土記で紹介)では、再び寺を地域のよりどころにしようと、現代版の寺子屋を開いている。

かつての役割を

 「本覺寺寺子屋」は、写経や坐禅のほか、ヨガや気功などの会をほぼ毎月行っている。3年前から単発で行っていた催しを、2013年から寺子屋として定期開催するようになった。

 10月18日に行われた「お経を読む会」では、同寺の河村住職が経の意味を解説し、参加者は、実際に声に出して経を読んだ。参加者は、「仏教の予備知識がなくても理解しやすいお話で、ためになった」と話していた。

 「寺は地域の全ての人に開かれているもの」と河村住職は話す。自身も幼少期は寺が遊び場だった。

 本覺寺はかつて、役場の出張所を担っていたり、農家の子どもを預かって子守りをする場所でもあったという。「葬儀や法事だけでしか寺との関わりがないのはもったいない。以前の寺の機能を復活させたい」と河村住職は語っていた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

19日に臨海フェス

19日に臨海フェス 社会

ゲームや模擬店ずらり

10月17日号

次世代に伝える地元文化学ぶ

次世代に伝える地元文化学ぶ 文化

「田祭り」テーマに

10月17日号

チェロの舞台 20日に

小山さん 叙勲祝賀に250人

小山さん 叙勲祝賀に250人 社会

関係者ら貢献に感謝

10月10日号

「思いやり大切に」

鶴見区高齢者交通安全大会

「思いやり大切に」 社会

一日署長・森田さん呼びかけ

10月10日号

SDGsで県と連携

区内4社

SDGsで県と連携 社会

パートナー登録

10月10日号

鶴見の近現代をひも解く

鶴見の近現代をひも解く 文化

郷土史展 15日から

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク