鶴見区版 掲載号:2014年10月23日号 エリアトップへ

寺を地域に開きたい 本覺寺が学びの場提供

文化

掲載号:2014年10月23日号

  • LINE
  • hatena
お経を読む会で学ぶ参加者
お経を読む会で学ぶ参加者

 寺と言えば、葬儀や法事の時にだけ訪れる特別な場所だと考えている人は少なくない。しかし、寺は子どもたちの学びの場「寺子屋」などとして、古くから地域に根付いてきた。獅子ヶ谷の天台宗本覺寺(河村隆哲住職=人物風土記で紹介)では、再び寺を地域のよりどころにしようと、現代版の寺子屋を開いている。

かつての役割を

 「本覺寺寺子屋」は、写経や坐禅のほか、ヨガや気功などの会をほぼ毎月行っている。3年前から単発で行っていた催しを、2013年から寺子屋として定期開催するようになった。

 10月18日に行われた「お経を読む会」では、同寺の河村住職が経の意味を解説し、参加者は、実際に声に出して経を読んだ。参加者は、「仏教の予備知識がなくても理解しやすいお話で、ためになった」と話していた。

 「寺は地域の全ての人に開かれているもの」と河村住職は話す。自身も幼少期は寺が遊び場だった。

 本覺寺はかつて、役場の出張所を担っていたり、農家の子どもを預かって子守りをする場所でもあったという。「葬儀や法事だけでしか寺との関わりがないのはもったいない。以前の寺の機能を復活させたい」と河村住職は語っていた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

寸劇参考に特殊詐欺防止

寸劇参考に特殊詐欺防止 社会

2組に感謝状贈呈

8月11日号

「横浜BUNTAI 」が名称に

横浜文体再整備事業

「横浜BUNTAI 」が名称に スポーツ

優先予約の受付開始

8月11日号

音楽で子どもの心のケアを

音楽で子どもの心のケアを 社会

「楽しい思い出をお守りに」

8月11日号

「付添犬の普及、環境整備を」

市内のNPO

「付添犬の普及、環境整備を」 社会

本出版で議長に活動報告

8月11日号

県内の女性議員割合23%

県内の女性議員割合23% 社会

横浜市、増加傾向も20%

8月11日号

オペラの魅力楽しんで

神奈川フィル 秦野で巡回公演 10組20人招待

オペラの魅力楽しんで 文化

8月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 7月7日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook