鶴見区版 掲載号:2014年10月30日号 エリアトップへ

總持寺鶴見大 帰宅困難者に施設提供 市と災害時協定締結

社会

掲載号:2014年10月30日号

  • LINE
  • hatena
協定締結した乙川老師(左から2人目)と立花危機管理監(同3人目)
協定締結した乙川老師(左から2人目)と立花危機管理監(同3人目)

 大本山總持寺と鶴見大学などを運営する学校法人総持学園の2者と横浜市が、10月23日、両施設を災害時の帰宅困難者のための一時滞在施設とする協定を結んだ。市は「市内3番目に一日乗降数の多い鶴見駅の近くに、滞在施設ができることは有難い」と話す。

 協定は、東日本大震災以降、市内各駅周辺で、帰宅困難者用に一時滞在施設の拡充を進める市が依頼。両者とさまざまな形で協力体制を整えてきた区が仲介する形で締結にいたった。

 内容は、地震や台風などの風水害で、鉄道が一晩中全線運行停止となった場合、市の要請により、両施設が帰宅困難者を一時的に受け入れるというもの。施設側は水道水やトイレを提供し、水缶やトイレパックなどの備蓄品に関しては市が準備する。

 提供される施設は、總持寺は発生時に提供が可能な全ての建物とし、総持学園は主に鶴見大学の体育館を使用した上で、状況を見て判断するとしている。

「市民の安心に」

 23日に總持寺で行われた締結式には、同寺の監院と総持学園理事長を務める乙川暎元老師、市の立花正人危機管理監らが出席。乙川老師は、東日本大震災発生当日、山内に約250人の帰宅困難者を受け入れたことなどにも触れ、「少しでも市民の安心につながるものなら、喜んで受けたいと思った」と協定締結を歓迎。立花危機管理監は、「鶴見駅は市内3番目の規模。心強い」と感謝していた。

区内は13カ所

 市が指定する各駅周辺にある一時滞在施設は、最新の公表で民間118カ所、公共88カ所の計206カ所(7月10日現在)。「一時滞在NAVI」で検索が可能となっている。区内ではナイス(株)本社ビルなど11カ所が指定されており、今回で13カ所となる。

提供施設を見学する関係者
提供施設を見学する関係者

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

学生の絵で振り込め撃退

学生の絵で振り込め撃退 社会

警察、郵便局が啓発ハガキ

10月17日号

子ども向けに飼育冊子

区内動物愛護団体

子ども向けに飼育冊子 教育

“愛でる”知識学ぶ教材に

10月17日号

鶴見の魅力、沖縄映画祭へ

鶴見の魅力、沖縄映画祭へ 社会

全編区内ロケで制作

10月10日号

2年後の開催、白紙へ

鶴見川サマーフェス

2年後の開催、白紙へ 社会

実行委員会が解散

10月10日号

10月から加入を義務化

自転車保険

10月から加入を義務化 社会

市内加入率は未だ半数

10月3日号

ベイジュニアに選出

東台カルテックス島村宏斗さん

ベイジュニアに選出 スポーツ

区内唯一 活躍ちかう

10月3日号

10年で登録者10倍に

シニアボランティア事業

10年で登録者10倍に

マッチングに課題も

9月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク