鶴見区版 掲載号:2014年10月30日号 エリアトップへ

横浜FCブラジル人選手 潮田小で特別授業 多文化共生を啓発

教育

掲載号:2014年10月30日号

  • LINE
  • hatena
実践形式のゲームで交流を深める選手と児童
実践形式のゲームで交流を深める選手と児童

 潮田小学校に10月23日、プロサッカーチーム・横浜FCのブラジル人選手3人が訪れ、5・6年生を対象とした多文化共生についての特別授業を行った。

 多文化共生のまちづくりを推進する鶴見区が、子どもたちに多文化共生を考えるきっかけにしてもらおうと企画したもの。横浜FCのフェリペ選手、ドウグラス選手、ホナウド選手が、「色んな文化や個性をリスペクトすることでチームワークがよくなる」と、相手を尊重することの大切さを児童に語りかけた。

 また、講演後には実践形式のゲームで交流。プロとして海外での活躍を夢見る長谷川星弥君(6年)は「次元が違った。僕もサッカー選手になって外国の選手とコミュニケーションをとりたい」と目を輝かせていた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

小山さん 叙勲祝賀に250人

小山さん 叙勲祝賀に250人 社会

関係者ら貢献に感謝

10月10日号

「思いやり大切に」

鶴見区高齢者交通安全大会

「思いやり大切に」 社会

一日署長・森田さん呼びかけ

10月10日号

SDGsで県と連携

区内4社

SDGsで県と連携 社会

パートナー登録

10月10日号

鶴見の映画、製作に協力を

鶴見の映画、製作に協力を 社会

製作委 ネット寄付募る

10月10日号

鶴見の近現代をひも解く

鶴見の近現代をひも解く 文化

郷土史展 15日から

10月10日号

第二京浜歴史探る

幻の五輪コース

第二京浜歴史探る 文化

10月10日号

自立の悩み関わり学ぶ

自立の悩み関わり学ぶ 文化

30日潮田地区センで

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク