鶴見区版 掲載号:2014年11月6日号 エリアトップへ

黄色レシートで地域支援 イオン駒岡店 毎月11日に運動実施

社会

掲載号:2014年11月6日号

  • LINE
  • hatena
黄色いレシートを見せる足名店長
黄色いレシートを見せる足名店長

 イオン駒岡店は11月11日、地域のボランティア団体を支援する運動「イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン」を実施する。

 キャンペーンは、イオンの地域貢献活動の一環として2001年から各店で実施されている。毎月11日に、利用客は精算時に受け取る黄色いレシートを、専用ボックスに投函。レシート総額の1%相当の品が地域のボランティア団体などに寄付される仕組みだ。

 投函ボックスは、支援対象となっている団体ごとに設けられており、利用客は支援したい団体を選んでレシートを入れられる。

 同店でキャンペーンに参加しているのは区内外で活動している9団体。2013年は、レシート総額約2450万円、贈呈相当額は約25万円だった。

 足名大輔店長は、「活動は定着してきている。レシートの投函率も年々上がっている」と評価する一方、「投函する人が固定化する傾向がある。投函率を現状の2割から3割に上げることが目標」と意欲を見せる。

 そのため同店では、キャンペーン当日に支援団体が店内で活動をPRする機会を設けるなど、運動を盛り上げたいとしている。

 支援を希望する団体も随時募集している。「支援先の団体のために手助けができることはうれしく、やりがいになる。地域が活性化していくよう、これからも協力していきたい」と足名店長は話している。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

19日に臨海フェス

19日に臨海フェス 社会

ゲームや模擬店ずらり

10月17日号

次世代に伝える地元文化学ぶ

次世代に伝える地元文化学ぶ 文化

「田祭り」テーマに

10月17日号

チェロの舞台 20日に

小山さん 叙勲祝賀に250人

小山さん 叙勲祝賀に250人 社会

関係者ら貢献に感謝

10月10日号

「思いやり大切に」

鶴見区高齢者交通安全大会

「思いやり大切に」 社会

一日署長・森田さん呼びかけ

10月10日号

SDGsで県と連携

区内4社

SDGsで県と連携 社会

パートナー登録

10月10日号

鶴見の近現代をひも解く

鶴見の近現代をひも解く 文化

郷土史展 15日から

10月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク