鶴見区版 掲載号:2014年11月13日号 エリアトップへ

潮田地区交通安全協議会会長として、潮田の安全なまちづくりに尽力する 岩本 登さん 仲通在住 80歳

掲載号:2014年11月13日号

  • LINE
  • hatena

安全な潮田目ざし邁進

 ○…潮田地区の交通安全に寄与すべく、同地区の小学生を対象にはじめて標語を募集した。「平地が多く、自転車に乗る人が多い」という潮田地区。中には自転車の転倒により大けがを負う人もいるという。「地域全体でルールを守っていけば事故は減るのでは」と、毎年この時期に交通安全パレードを企画。あいにくの天候で今年は中止となったが、潮田東部地区自治連合会会長としても安全なまちづくりに日々尽力している。

 ○…群馬県出身。高校卒業後、富士電機に就職すると同時に、叔父叔母の住む向井町へ。結婚を機に仲通へ越してきた。高度経済成長を迎える少し前だった当時を、「商店街もにぎやかで、都会に来たんだなと思った」と懐かしげに振り返る。仲通二丁目自治会の活動に関わりはじめたのは、50歳を過ぎたころ。地域には人材が豊富だと知ると、「自分も何か手伝いができないか」と、いっそう地域に向き合うようになった。「みんなでワイワイやるのが好き」というお祭り好きな一面も。住民らとアイデアを出し合いながらよりよい地域づくりを目ざしている。

 ○…これまで登った山は数知れずというほど、大の登山好き。「四季折々の景観があって、一つの山でも幾通りの楽しみがある」と嬉しそうに語る。中でもお気に入りは、北アルプスと北海道の名山。「登山口まで近すぎず遠すぎず、急勾配など変化に富んだ山」を好む。「苦労しただけ登頂した時の達成感がある。人生に似ているね」

 ○…潮田地区は、外国人の在住が区内で最も多い地域でもある。「下町人情のある、いいところを失わずに多文化共生を進めていきたい」と意気込む。鶴見区自治連合会の副会長を務めるなど、地域活動は多忙を極めるも、御年80歳。未来を見据え、後継者育成も怠らない。「残された時間を、地域が笑顔で明るく安全に過ごせるよう、力を尽くしていきたい」。頂上を思い描きながら、歩み続ける。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版の人物風土記最新6

鈴木 宏明さん

東寺尾ヒルズ84の住民の団体「J&B(ジジババ)会」のリーダーを務める

鈴木 宏明さん

東寺尾在住 66歳

10月10日号

毎川 直也さん

風呂デューサーを名乗り、矢向・尻手で都市湯治イベントを企画する

毎川 直也さん

大田区在住 32歳

10月3日号

森山 民雄さん

学校地域コーディネーターとして、共学舎の創設から関わる

森山 民雄さん

潮田町在住 71歳

9月26日号

藤田 健二さん

神奈川交流大会4連覇を果たしたローリングバレーボールチームのキャプテン

藤田 健二さん

金沢区在住 45歳

9月12日号

堀江 幹雄さん

豊岡商店街協同組合の理事長を務める

堀江 幹雄さん

豊岡町在住 70歳

9月5日号

前田 正博さん

陶芸家として活躍し、子ども向けワークショップなども開く

前田 正博さん

北寺尾在住 71歳

8月29日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(横浜・川崎)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 75歳

8月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月10日号

お問い合わせ

外部リンク