鶴見区版 掲載号:2014年11月27日号 エリアトップへ

「高齢者ケアは地域で」 市、福祉計画素案を発表

社会

掲載号:2014年11月27日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は「よこはま地域包括ケア計画」(第6期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画)素案をまとめた。高齢者の活躍や、住み慣れた地域で自分らしく生活する地域包括ケアシステムの展開を目指し住民やNPOなど「地域資源」を生かした取り組みを進める。

25年まで要介護認定増加

 計画は3年ごとに市町村で見直され、第6期の計画期間は15年度から17年度。第5期計画で掲げた「地域包括ケアの実現」を更に進め、団塊の世代が75歳以上となる2025年を見据えて、介護サービスの充実や高齢者を支える地域づくりを進める方針だ。

 横浜市内の高齢者人口は83・6万人で高齢化率22・5%(10月1日時点)。17年には89・5万人で24%となる見込みで、25年までには要介護認定者数も増加し続けると見込まれている。

予防事業など拡充

 計画では、伸び続ける医療費・介護給付費を抑えるために取り組まれてきた「第2期健康横浜21」を推進、現在重点的に取り組まれている「よこはまシニアボランティアポイント事業」の拡大を予定。元気な高齢者も支える側にまわることで、本人の生きがいづくりや介護予防、社会参加を促進する。担当者は「今年10月には登録者が1万人を超えている。今後も増加を目指したい」と話す。地域ぐるみで介護予防を行い、活動支援者育成も目指す「元気づくりステーション事業」の拡充も盛り込まれている。

住民主体のサービスへ

 一方、来年度の介護保険法改正により、要支援1・2の通所介護と訪問介護が給付事業から市町村が行う「地域支援事業」に移行することも決まった。市は、厚労省が示すガイドラインに基づきNPOやボランティア、地縁組織など住民が主体となるサービス提供の充実を目指す。移行によりヘルパーなどの資格を持たない事業所なども参入が可能になることから、サービスの質の確保が求められる。市は「本格移行となる17年度からは質の確保のためある程度の基準を設ける可能性もある」としている。

12月5日に説明会

 市は12月22日までパブリックコメントを実施。12月5日には鶴見区役所でも説明会を行う=表参照。意見を踏まえて年明けに計画最終案を取りまとめ、今年度中に計画を策定する。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

生麦トイカプセル誕生

生麦トイカプセル誕生 社会

駅改札横に設置 

9月16日号

コロナ禍で端末活用加速

横浜市立小中学校

コロナ禍で端末活用加速 教育

一律での実施に課題も

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

高校総体テニスで日本一

白鵬女子西・内島ペア

高校総体テニスで日本一 スポーツ

2年分の思い遂げる

9月9日号

男子全国優勝、女子3位に

橘学苑中テニス部

男子全国優勝、女子3位に スポーツ

少数精鋭 団体で快挙

9月2日号

犬の殺処分過去最少に

動物愛護センター

犬の殺処分過去最少に 社会

引き取り、初の100頭台

9月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook