鶴見区版 掲載号:2014年12月4日号 エリアトップへ

区内火災件数 昨年上回り市内ワースト 放火増、過去10年で最悪

社会

掲載号:2014年12月4日号

  • LINE
  • hatena

 今年の区内の火災発生件数が、11月27日現在で市内ワーストの105件(速報値)と、既に昨年の年間件数(97件)を上回ったことがわかった。鶴見消防署(高松益樹署長)は要因として放火の増加を挙げており、区民に注意喚起を図っている。

 鶴見署によると、区内の発生件数は昨年同時期に比べ18件増。過去10年で最悪を記録しており、市内で2番目に多い中区の77件を大きく引き離している。

 火災原因別でみると、放火が昨年から7件増の31件と最も多かった。続いてたばこ18件、こんろ7件、食用油過熱出火5件となっている。

 区内の自治連合会別でみると、大黒ふ頭・末広町等の15件に次いで、鶴見中央地区の12件、市場地区、生麦第二地区の9件、駒岡地区の8件と続いている。人口一万人あたりの出火件数を指す出火率では、小野町地区が14・48(4件)と最も高く、潮田中央地区も11・05(5件)と高い値となっている。

 火災増加の原因の一つに、鶴見署は放火の増加を挙げている。同署庶務課のの福元五喜課長は「特に中学生の放火や火遊びが多い」と現状を嘆く。

 12月は空気が乾燥し、火災が発生しやすい気象状況となっているという。同署予防課の二本木純一課長は「広報車で火災予防を呼びかけるなど、いっそう啓発活動に努めたい」と区民への注意喚起に力を入れる考えを示した。

焼損面積、死者は減

 火災件数が増加する一方で、焼損面積は723平方メートルと昨年から76平方メートル減、死者は4人減少し1人となっている。二本木課長は「早期発見がこの結果に繋がっているのでは」と分析しており、引き続き住宅用火災警報器の設置を呼びかけるという。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のトップニュース最新6

ヘアドネーションに挑戦

東寺尾北台在住松本さん

ヘアドネーションに挑戦 社会

55歳男性が2年かけ寄付

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

子育ての悩みに寄り添う

子育ての悩みに寄り添う 社会

民間の相談施設が開所

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 経済

事業所にセミナーと研修

5月12日号

ちむどん切手を発売

日本郵便(株)南関東支社

ちむどん切手を発売 文化

市内133局で限定販売

5月5日号

江ヶ崎でマルシェ初開催

江ヶ崎でマルシェ初開催 コミュニティ社会

「地域活性化の一助に」

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook