鶴見区版 掲載号:2014年12月4日号 エリアトップへ

(PR)

かかりつけ医ふれ鶴 内科で糖尿病相談を 各人に合う治療法提案

掲載号:2014年12月4日号

  • LINE
  • hatena
飯室世都子医師
飯室世都子医師

 「ふれ鶴」の愛称で親しまれている東寺尾のかかりつけ医「ふれあい鶴見ホスピタルの内科では、糖尿病相談に対応している。

 内科を担当する飯室世都子医師は、患者それぞれに合わせた糖尿病の治療法をアドバイスしてくれる。

 「患者の病態はさまざまで、治療には食事療法や運動療法など、患者自らの療養が重要です。無理なく続けられる、その人その人に応じた治療法を提案します」と飯室氏は話す。

 糖尿病は、初期はほとんど自覚症状がないものの、心筋梗塞などの合併症を引き起す可能性もあるため、「血糖値が高い人は特に早期の受診をすすめたい」と飯室氏は呼びかける。「糖尿病の予防には、早い内から血糖をコントロールすることが大切。気軽に相談してほしい」

訪問介護スタッフ募集

 同院では、新たに開始する訪問介護サービス事業のスタッフを募集している。職種はサービス提供責任者、介護福祉士。

 応募についての問い合わせは下記へ。

ふれあい鶴見ホスピタル

横浜市鶴見区東寺尾4-4-22

TEL:045-586-1717

http://www.fureai-g.or.jp/tsu/

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のピックアップ(PR)最新6

四季の風景をカレンダーで

四季の風景をカレンダーで

県立公園などで販売中

11月26日号

来年2月川崎校 開校

啓進塾私立中学専門

来年2月川崎校 開校

JR川崎駅西口徒歩5分

11月26日号

お得に往復タクシー旅行を

お得に往復タクシー旅行を

GoToトラベル事業を活用

11月26日号

ネズミ被害が増加中!?

ネズミ被害が増加中!?

ダスキン東寺尾 無料点検実施中

11月26日号

わずかな採血で「がんリスク」を判定

ネズミ被害が増加中!?

ネズミ被害が増加中!?

ダスキン東寺尾 無料点検実施中

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月5日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク