鶴見区版 掲載号:2014年12月11日号 エリアトップへ

認知症患者を地域で支援 サポーター養成に41人

社会

掲載号:2014年12月11日号

  • LINE
  • hatena
寸劇を披露するほほえみのメンバー
寸劇を披露するほほえみのメンバー

 認知症サポーター養成講座が12月6日、岸谷児童館=岸谷公園=で開催され、41人が受講した。

 認知症サポーターは、地域で暮らす認知症患者やその家族を温かく見守る役割を持つ。講座は、岸谷第二自治会と東寺尾地域ケアプラザが共催。地域住民らに認知症への理解を深めてもらおうと実施された。

 当日は、サポーター養成に努める認知症キャラバンメイトのほほえみボランティア(池谷直子代表)が、患者によくみられる症状を、寸劇交じりで披露。財布をどこに置いたか忘れ、「うちの嫁は泥棒だ」と被害妄想に陥った患者には「一緒に探そう」と言い、本人に見つけさせてあげるなど、温かく見守る方法を紹介していた。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

チョコの秘密を探る

チョコの秘密を探る 社会

児童向け実験教室

9月16日号

オンラインで工場見学

キリンビール

オンラインで工場見学 経済

3D空間を体感

9月16日号

今週末に野毛大道芸

今週末に野毛大道芸 文化

感染症対策施し、屋内開催

9月16日号

漕艇場でボート体験

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月16日号

男子団体が全国で準優勝

潮田中剣道部

男子団体が全国で準優勝 スポーツ

女子もベスト8に

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook