鶴見区版 掲載号:2014年12月18日号 エリアトップへ

鶴見法人会 地域活動に助成金 申請団体の公募始まる

社会

掲載号:2014年12月18日号

  • LINE
  • hatena

 より良い経営者を目ざす企業人が集まる団体「公益社団法人鶴見法人会」(長谷川勝一会長)が、今年も公募型助成制度の募集を開始した。

 この制度は、昨年同会が社会貢献の一環として独自に創設。鶴見区内で地域活動を推進する団体などに対し、助成金を交付する地域振興事業だ。これまで同会では、主催事業の収益の一部を個別に寄付してきたが、「もっと幅広く区民を応援することで、鶴見を盛り上げたい」と事業の一つとして実現した。

 昨年は、地域に残る伝統芸能の保存に取り組む団体やNPO法人、少年野球チームなど、21団体に助成金を交付した。

対象幅広く

 助成対象となるのは、鶴見区内に本部を置く団体、または区内在住者によるグループ等。次年度内に実施する事業において、1団体につき1申請を受け付ける。

 対象事業と経費は、いずれも営利を目的としない「講演会・各種広報啓発費用」「地域各種団体の事業費」「伝統芸能・地域特色文化活動の備品等購入費」など。

 助成金額は、標準として1申請につき5万円から10万円。事業の内容や規模などにより異なる。選考は、同会により行われ、2月中旬ごろまでに決定する。

 応募について同会は、「がんばっている区民を応援できれば。まずは相談してほしい」と呼びかける。

 公募期間は来年1月30日まで。同会事務局で配布している所定の申請用紙等、書類を作成の上、直接事務局へ持参または郵送にて申し込む。申請書は鶴見法人会ホームページ【URL】http://www.tsurumi.or.jpでも入手できる。

 詳細の問い合わせは、鶴見法人会事務局=鶴見区鶴見中央4の36の1ナイス第2ビル5階=【電話】045・521・2531。

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

ドライバーを養成中

子育てタクシー協会

ドライバーを養成中 教育

需要安定 認定2千人

4月2日号

市民施設休館12日まで延長

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

ハマスタを自宅で作ろう

DeNA

ハマスタを自宅で作ろう スポーツ

ペーパークラフト無料公開

3月26日号

区内イベント等中止情報

機能拡充し収集申込可能に

横浜市粗大ごみ

機能拡充し収集申込可能に 社会

AI活用したチャットボット

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク