鶴見区版 掲載号:2015年1月22日号 エリアトップへ

鶴養児童がもちつき 駒岡商栄会から手ほどき

社会

掲載号:2015年1月22日号

  • LINE
  • hatena
共にもちをつく児童と商栄会メンバー
共にもちをつく児童と商栄会メンバー

 神奈川県立鶴見養護学校=駒岡=の小学部の児童が1月16日、もちつき体験をした。児童は協力する駒岡商栄会(磯ヶ谷哲会長)の手ほどきを受けながら、楽しそうにもちをついていた。

 もちつき体験は25年ほど前から地域と協力で行われている。同校が鶴見寿司商組合に依頼したことが始まり。当時の校長と組合長に交友があったこともあり実現した。商栄会メンバーで、「重寿司」を営む岩澤則之さんは、「地域交流という意義や、法被にねじり鉢巻きで、粋な感じでもちつきをやってもらうなら寿司屋というねらいもあったのでは」と話す。

 20年前からはより同校に近い商栄会が協力している。同校の村山学教頭は、もちつきが児童にとって季節の行事を知る機会になるだけでなく、「こうした場がないと地域との交流はなかなかできない。地域の人たちとのふれあいを通じて社会性を身に付けてほしい」と語る。

 当日は、6学年61人が参加。法被姿の商栄会メンバー6人は「よいしょ」という力強い掛け声で会場を盛り上げ、児童とともにもちをついた。商栄会は、「楽しそうな表情を見せてくれてうれしかった」と笑顔を見せていた。
 

横浜市鶴見区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

鶴見区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市鶴見区の陽性者、1週間で73人増

「学びと活動」テーマに講演

「学びと活動」テーマに講演 社会

NPO代表理事が登壇

6月17日号

地域住民と田植え体験

新鶴見小児童

地域住民と田植え体験 教育

米作り学ぶ

6月17日号

キリン技術員講師に

サイエンスフロンティア高

キリン技術員講師に 教育

生徒研究の助言

6月17日号

佃野に交流シェアスペース

合同会社ふくわらい

佃野に交流シェアスペース 社会

”地域活性の基地”に

6月17日号

二輪車の事故に注意

二輪車の事故に注意 社会

鶴見警察が啓発

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月16日13:21更新

  • 3月11日0:00更新

  • 2月16日16:09更新

鶴見区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

鶴見区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter